あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

非常事態の対応


 昨日の朝、わが家の直ぐ前のスーパーマーケットで火事があった。外には火の手は上がっていなかったものの、窓越しに部屋の中では火が勢いを増しているのがよく見えた。消防自動車は直ぐにやって来た。来たけれどもなかなか消火活動を始めない。換気扇からはますます黒い煙が出てきてヤキモキするのだが、消防隊員が火の手の近くに来る様子は見られない。

 心配になって、消防車の近くまで行ってみたところ、ようやくホースを出して建物に入るところだった。しかし、まだポンプを回している様子はない。しかも、警察官は店の職員とおぼしき人を捕まえて事情聴取をしているではないか。火は相変わらず燃え盛っているというのにである。いったい、この国の人間の危機意識はどうなっているのだろう。

 火災は延焼もなく程なく消し止められたものの、近くに爆発物が有ったらどうなっていたか。隣家まで五メートルぐらいしかないのに、呼びかけも避難誘導もしない。毎年防災訓練や火災予防などを国民に呼びかけ、地区ごとにやっているようだが、これでは全く無意味だ。

 我が国ほど、人災に対する危機意識の欠けている国民はいないのではないか。今、世界経済は溶融し始めている。米国のドルの信用がなくなり、信用取引そのものが成り立たなくなる事態が起こっているのだ。八十年前の世界大恐慌以上の未曾有の経済混乱が予想されると云うのに、その警鐘を鳴らす政治家は我が国にはいないようだ。

 郵政民営化の政治改革を断行した小泉元首相は、次期総選挙には出馬せず政界を引退すると云う。彼が目指そうとしたのは憲法改正だった。それが遠のいたことを感じ取ったのだろう。これからの日本が低迷混乱しても彼の責任ではない。危機意識のない政治家および国民に責任があるのだ。

 我が国は世界第二の経済大国である。米国経済が混乱している今、我が国が指導力を発揮して世界経済を立て直さねばならないのだ。いまほど、我が国民にその気概を求められている時はない。
by antsuan | 2008-09-26 11:49 | 政治・経済 | Comments(4)
Commented by maron415 at 2008-09-26 16:01
全然関係のないことなんだけど、
都市部では、消防団っていないの?
いても形骸化してるのかな?
初期消火や、
消火栓のありかや、そこの建物や地形の様子を知らせたり、
また必要なときに呼びかけや避難誘導するのが
役目なのよね。
ふと思いまつた。
火事、たいしたことなくてよかったね。
Commented by antsuan at 2008-09-26 17:18
・今回最初に来たのは近くの消防団でした。が、後から来た本署の職員が何をやっていたか。この地区では規模の大きい建物の一つだったスーパーの火災で、慌てたんじゃないかと思うのですが、連携が全然出来ていなかったのです。
マロンママさん、火事に遭遇して何度も思うのは、水タンクを積んだ消防自動車がないのは何故と云うことです。給水栓にホースを繋ぐまでの時間がやたらかかるのです。全く阿呆らしくて見ていられませんでした。
Commented by anthonberg at 2008-09-26 19:32
東京にいた時よく近所で火事がありました。比較的被害が少ない火事ばかりでしたが、一度はコンビニの横の家が火事になり、そこの妊娠中の奥様が逃げ遅れて死亡したのを通りかがりに見てしまいかなりショックでした。その時はかなり素早い対応ではあったので仕事ぶりに不満を感じはしませんでしたが、もしかしたら朝のスーパーで、お客はすでに避難した後(もしかしたらオープン前?)だったら火の感じで被害がたいした事ないと読めたのでは?素人だとわからないけど、プロで仕事をしている人だからって毎回どんな状況でも即座に対応するわけじゃないですからね。私達の仕事もそうじゃないです?周囲から見ると何で?!って思う事一杯あるし。それがいい意味か悪い意味か、状況によっては違いますけど…。

>警察官は店の職員とおぼしき人を捕まえて事情聴取をしているではないか。

えぇ?警察官って消火作業は仕事じゃないですよね?これは当然なのでは?と思ったけど違うんでしょうか?
Commented by antsuan at 2008-09-26 21:38
・警察官は回りに危険が及ばないように、隣家の住民を非難させるとか、爆発物がないか調べるとか、野次馬を近寄らせないとか、現場でやることはいっぱいあるでしょうに。事情聴取なんて事務屋の仕事でしょ。
現に今回はガス漏れによる爆発火災で、過去には下水道を通って溜まったガスが地下街で爆発して死亡する事件などがありました。
anthonbergさんも現場では危機意識を持っていると思うのですが、今回の警察官や消防隊員の動きは、利用者が怪我して血を流しているのに、それは看護婦の仕事だからって、通報するだけで、自分の仕事のおむつ交換だけをするようなものです。