あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

お施餓鬼とお盆の前倒し

 土、日、月の三日間、ミニ夏休みをとっています。

 今日はお施餓鬼前の墓参り。お盆は旧暦に合わせるとすごく混むので、新暦でやっているのですが、今年の七月は行けずじまい。そこで勝手ながら施餓鬼を前倒ししてお寺に挨拶をしてきました。

 いつもは涼しいお寺なのですが、朝早めに行ったのに暑くて汗びっしょりです。また、写真を撮っていたので観光客と間違われたようで、知らないおじさんが丁寧にどんな有名人の墓があるか教えてくれました。

 「ビルマの竪琴」の水島上等兵のモデルになった人の墓もあるんですって。それは知りませんでした。
d0001610_13433940.jpg

d0001610_13435516.jpg

d0001610_13441912.jpg

d0001610_13444729.jpg

d0001610_13451375.jpg

by antsuan | 2008-08-04 13:48 | 身の回り・思い出 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/8392829
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sagisouf at 2008-08-04 14:06 x
由緒あるお寺のようですね。もう、お墓まいりされたんですね。私もお盆の墓参りのはしごです。旦那の家も私の家も京都の東山なので助かりますが・・
井戸があるんですね、我が寺も「眞行寺」さんですが、井戸があります。
お寺に行くとホッとしますね。
Commented by antsuan at 2008-08-04 14:21
・sagisoufさん、寿福寺は鎌倉五山の一つです。俳句の高浜虚子の墓があり、いまでも「ホトトギス」の句会はこちらで開かれているようです。ここは観光客に開放されていないので静かなところなのです。
 京都のお寺と聞くだけで何となく厳かな感じがしてしまいます。東山の静かな佇まい。のんびりと訪れてみたいものです。
 ほんとにお寺に行くとホッとします。
Commented by toqqun at 2008-08-04 17:35
昔ながらの井戸水の冷たさが恋しいです。
高浜虚子忌は4月8日、「椿寿忌」というんですって。
お寺の名前をいただいたんですね。 
Commented by antsuan at 2008-08-04 18:02
・広島の生口島に先祖の墓があったのですが、虚子の「ホトトギス」の縁でこちらに祖父の墓を造ったようです。
Commented by mimizu_biki at 2008-08-06 00:25
お施餓鬼ってなんですか?
調べりゃいいんだけど、ちょっと余裕が。。。

>写真を撮っていたので観光客と間違われたようで、知らないおじさんが丁寧にどんな有名人の墓があるか教えてくれました。
観光客に開放されていないのになぜ知らないおじさんが???
Commented by antsuan at 2008-08-06 04:27
・仏教でも浄土真宗は施餓鬼会はやらないそうですね。私もググッてみて初めて知りました。無縁仏や成仏できない餓鬼にも施しを与え、供養する催しだそうです。こちらでは施餓鬼会へ参加すると、塔婆を立ててもらって、帰りに赤飯と饅頭をもらえます。この「餓鬼」の発想が他の宗教には無いと山折哲雄は言っております。
セイロンベンケイさん、確かに開放されていないところなのですが、源氏山からのハイキングコースにもなっているので、墓地の方には自由に出入り出来るのです。で、私もよく有名人の墓が何処か観光客に聴かれますが、いまだに何処か分かりません。
Commented by cazorla at 2008-08-06 08:05
蝉の声も聞こえてきそうな写真です。
井戸の水は気持ちが良いですね。
Commented by antsuan at 2008-08-06 08:18
・カソルラさん、そうなんです。
お墓の周りに水を打って、線香の香りが漂う、自然の中の静寂。やはり心が静まります。