あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

笑って許して

 今月発売のヨットの雑誌に、この間出場したヨットレースのことが載っている。ローカルなファミリーレースなのだが、このレースに参加することは日本のヨット乗りの誇りと云えよう。そして、この記事にあるように全艇が無事に完走した。もちろん我が愛艇「しおかぜ」は栄光ある殿を見事果たしたのであった。が・・。あれれ?? 

 「しおかぜ」はフェロークラスで二位となっているではないですか。これ、間違いです。アハハ、笑って許してあげましょう。たぶん申し込み順位をレース成績と間違えたようです。正確なレース結果はこちらです。

d0001610_1914573.jpg


d0001610_19151843.jpg

by antsuan | 2008-07-08 19:15 | 自然・ブルーウォーター・競技 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/8242394
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by syenronbenkei at 2008-07-08 20:07 x
ハヤシファン?
うそぉー。
加齢ファンでしょ(笑)
Commented by antsuan at 2008-07-08 21:06
・サムエル・ウルマン曰く、
「青春とは人生の或る期間を言うのではなく、心の様相を言うのだ。
優れた創造力、逞しき意志、燃ゆる情熱、怯懦を却ける勇猛心、安易を振り捨てる冒険心、こういう様相を青春というのだ。」
心の財宝を求めて、七つの海を駆け巡る男達に、栄光あれ! (笑)
Commented by eWIND at 2008-07-08 22:55 x
時代は確実に変わっています。
若者は夢がなくなってきたけど団塊の世代はますます元気
還暦過ぎて夢を実現、資力と時間は有り余ってますヨ
夢、時間、裏切らない、いつまでも青春!!
Commented by antsuan at 2008-07-08 23:31
・eWINDさん、カレーファンもハヤシファンも心は若い!ですよね。次回もケンノスケカップに参加したいです。
Commented by anthonberg at 2008-07-09 02:18
もしかして2記事連続懐かしい歌のタイトルシリーズなんですか?(笑)
次はなんだろう?(^^;;;
Commented by antsuan at 2008-07-09 07:11
・anthonbergさん、懐かしいでしょ。この頃のラジオから流れてきている音楽はまともな日本語の歌がない。日本に居て日本語に飢えている状態です。何せ「羞恥心」なんて云うアイドルグループだか歌だかが流行るこの頃ですから、もう終末期状態じゃないかと感じられます。
Commented by cazorla at 2008-07-09 08:06
昔の映画を見ると やはり 日本語の発音が違いますね。
先日 乱と山椒大夫を見たのですが
山椒大夫の日本語のほうが聞いていて 気持ちがいいです。乱は なんだかヒステリックで。

ヨットレースって かなり長距離なんでしょうね。
Commented by antsuan at 2008-07-09 08:20
・スペインでは全部吹き替えじゃなかったんですか? でも日本語を吹き替えてしゃべるのは難しいでしょうね。 日本語のらしさってやっぱりあるんじゃないかと思っています。
レースは様々で、短いコースもあるし長距離もありますが、この頃はあまり長距離レースはやりません。海を知らない人が多くて事故が起きる心配があるからでしょう。