あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

海ばかり見ないで

秋でもないのに人恋しいのは何故だろう。

 湘南の海と云えば、加山雄三の歌がぴったりだ。
 サザンだと? 全然なっちゃない。
 あんなの潮風に吹かれて聴く歌ぢゃない。
 舳先に砕け散る、波間に溶け合う歌が、今は欲しいのさ。
 
美しいヴィーナス
  作詞:岩谷時子/作曲:弾 厚作/編曲:森岡賢一郎

あゝ美しいヴィーナス 鳶色の恋人
若い俺たちのヴィーナス 海にいた恋人
俺のものでもない 誰のものでもない
波の泡のひとつから 生まれた娘さ
あゝ黒い瞳のヴィーナス 海ばかり見ないで
たとえ恋人がいても 俺たちと遊ぼう

俺は一人で 夕やみにかくれて
ほんとのことを云うなら くちづけしたいよ
あゝ黒い瞳のヴィーナス 海ばかり見ないで
たとえ恋人がいても 俺たちと遊ぼう

by antsuan | 2008-06-24 17:51 | 自然・ブルーウォーター・競技 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/8158905
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by eWIND at 2008-06-24 21:10 x
僕の年代も加山雄三!
サザンはどっちかと言うとサーファーかな?
Commented by antsuan at 2008-06-24 21:23
・eWINDさん、加山雄三の歌って年代を越えて歌われると思ったら、そうでもないのですね。残念だなぁー。
シングルハンドで海に出ることが多いので、加山雄三の歌ってジーンと来ちゃうんです。
Commented by toqqun at 2008-06-24 23:56
今は「湘南の風」なんていうもっと若~いグループもいますよ。
私にとっての湘南は「俺たち」シリーズのドラマかな。
憧れの地です。
Commented by antsuan at 2008-06-25 07:12
・トックンさん、自分が行楽地にいると、はっきり言って他所に行くのが面倒になります。YHなんか渡り歩くカニ族みたいな人。ああいうふうに時間を贅沢に使える人が 羨ましくもあり、かと言って時間がもったいない気もしたり。
Commented by 高麗山 at 2008-06-25 10:54 x
antsuan!

ここ暫くの記事拝見していると、なかなかロマンチストですな~
Commented by antsuan at 2008-06-25 12:37
・えーっ!? 高麗山 さん、ずっと昔からそのつもりだったんですけれど・・。(´ヘ`;)
Commented by before_rain at 2008-06-25 12:45
(´ヘ`;)←キュート@
>海ばかり見ないで ~ さすが、岩谷時子さん。
Commented by syenronbenkei at 2008-06-25 13:01 x
小学校の時に流行ってたこともあって、加山雄三好きですよ。
子どもだったからよくわかりませんが、あの辺から歌謡曲の曲調が変わった気がします。
それまではなんかジャズっぽいというか、きっと「ジャズを聴くのが音楽のツウなんだぜ」みたいなカッコマンが多かったからなのかも。
昔ジャズ喫茶によく通いましたが、それっぽい顔でリズム取ってるわりには、表で刻んでやんの(笑)

んで、この曲は知りません。
どんな曲なのか興味津々。
YOUTUBEにもなかったし。
Commented by antsuan at 2008-06-25 13:16
・before_rainさん、海って好いですよね。水平線の向こうに絶対何かある様な気がして。
Commented by antsuan at 2008-06-25 13:33
・未だ著作権がかかっているみたいでユーチューブは削除されていました。
最後のフレーズはキーを高くして歌ってるんです。セイロンベンケイさん好みかも知れない。