あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

哀しみを理解しない時代



 豊かになると云うことは同時に人の哀しみを理解しなくなることだと思う。前にも書いたが東南アジアに日本の子供たちを連れて行くと、現地の子供たちをバカにすると云う。人の哀しみを理解しようとしないのだ。
 
 だから、日本はもう一度崩壊して貧しくなった方がいいと思っている。なぜならば貧しかった時代のほうが心は豊かだったような気がするからだ。それはちょっと言い過ぎかも知れないが、貧しくても心が豊かな人を哀れむのは間違いだ。
 
 今、考えなければならないのは格差の問題でもなければ差別の問題でもない。心の貧しさが広がっていることが問題なのだ。
by antsuan | 2008-06-20 21:35 | 思想・瞑想・時代考証 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/8135296
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by anthonberg at 2008-06-21 04:44
これ、激しく同意です!というか、自分がそうだった気がします。日本にいた時は別にリッチでもなかったけれど、何となく何を得ても嬉しさが感じられなくなっていました。何もない方が得た時の喜びとか嬉しさとかを感じる事が出来て、私は今の生活の方が貧乏で質素だけど心は豊かになったなと感じます。持っているものを全部捨てて一からというのは本当に厳しいと思いますし、今の日本人にそれが出来る人はそうそういないでしょうね…。
心の豊かさって物のように買えませんからね。それに気付くかにもよりますが、周囲がみんな豊かだと自分がそうじゃないと心まで豊かになれないような錯覚をしてしまうのかも…。
Commented by antsuan at 2008-06-21 07:20
・秋葉原で、孤独な男が無残な殺傷事件を起こしましたが、これは「俺の哀しみを誰も理解してくれないだろう」という逆恨みに思えます。変な宗教が流行るのは人の哀しみを利用しているところもあります。
 ですから、平和な社会にするには、人の哀しみを理解する教育が必要なのだと思います。そうすればわざわざ国をぶっ壊さなくても済むでしょう。
Commented by Emitan at 2008-06-21 23:38 x
やはり似た考えの方は居る物ですね。昔中華十民共和国は北京放送でアメリカ帝国主義の批判をしきりにしていましたが、今はチベットなど帝国の縄張り拡張に走っているようですね。それから望むと望まざるとも、日本は没落するでしょう。戦争を経験した人達が、子共達だけは苦労させたくないと甘やかして育ったのが、我々60歳前後その子共達をもっと甘やかし、物質を与え放題にして育てた。その子共達は完全に教育を受けるチャンスを逃して、今小学生の両親になっている。だから、30年ぐらい係って日本は崩壊して、50年ぐらい係って立ち直るのではと思います。でも一度栄えた国は二度と栄えないとも言いますし・・・
Commented by hanaco at 2008-06-22 00:50 x
>変な宗教が流行るのは人の哀しみを利用している
・・・・これって、ほんとだなぁと、しみじみ思います。弱みに付け込むのが新興宗教だと、私の短い人生経験でも勉強したことがあります。

心の豊かさを計るものさしなんてないから、人は、形のあるものに
価値を見つけようとしたり、順番をつけたがったりする、ような気もします。

グローバルな意見は出来ないけれど、日々の生活の中でも
ものすごく感じることがたくさんありますね・・・。
Commented by antsuan at 2008-06-22 09:28
・ Emitanさん、はじめまして。
米内光政は日本が立ち直るのに二百年かかると云っていたそうです。吉田茂も同じ思いだったと思います。 日本は別に栄えなくても良いと思います。国民の心が豊さえあれば。
どうもうまくリンクが張れなくて、取り敢えずお気に入りに追加しました。また宜しくです。
Commented by antsuan at 2008-06-22 09:29
・変な宗教を悪くいうより、政治家にしっかりしてもらわないとね。
Commented by Emitan at 2008-06-22 16:03 x
あうんのブログで一度お話させて頂きました。宜しく!50年と申し上げたのは、皆さんが失意なさるかと思ったからです。そう200年は係るでしょう。実は菩提寺(浄土真宗)の説教で創価学会の話をされました。集団就職で家族から離れ不安を抱いて居た若者の心を救ったのは創価学会でした。我々は彼らの気持ちを知らず、救いの手を差し伸べませんでした。宗教家としてなすべき事をしなかった。その時創価学会は多数の信者を獲得して発達したのです。と述べられました。私も宗教勉強で色々な集会に参加しましたが、彼らは家族的盛り上がりを感じさせていました。新興宗教は民衆の心を掴むのが上手ですね。
心清い政治家も数年で腐れて仕舞い他の政治家と同じになるのでは?
Commented by antsuan at 2008-06-22 22:47
・ Emitanさん、何年先になろうと夢を捨てることはないと思います。PHPの月間ボイスを定期購読していますが、未だまだ日本も捨てたもんじゃありません。夢を捨てない限り、日下公人的楽天主義で日本は世界のリーダーシップを担う時代がやって来ます。
鈴木宗男・佐藤優の本を読みましたが、官僚の悪知恵は物凄いものがあります。小泉総理みたいな変人でないと太刀打ち出来ないのかも知れませんね。
でも、年金問題で、官僚は優秀でも何でもなく無能力集団であることに国民は気が付き始めましたから、トンネルの出口が見えてきたようなものだと思います。

Commented by Emitan at 2008-06-22 23:05 x
有難う御座います。そうですね、トンネルの遥か遠くに光の点が見えたような気がします。おやすみなさい!
Commented by antsuan at 2008-06-22 23:20
・ Emitanさん、干満差が七メートル! 日本も広い。心をもっと広くしなければ。(笑)  おやすみなさい。