あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

終末期国会料、後期無能者(長寿役人制度)???

終末期相談料、凍結へ 厚労相、保険料軽減も

 舛添要一厚生労働相は22日午後、後期高齢者医療制度(長寿医療制度)に伴い、4月の診療報酬改定で新設された「終末期相談支援料」について「一時凍結も含めて考えたい」と述べ、批判が多いことから報酬の支払い中止の方向で調整を進める考えを表明した。

 また、サラリーマンの子どもの扶養家族になっている75歳以上の人の保険料徴収が半年凍結されていることに触れ「国民健康保険についても、世帯主以外の家族はどうするのか議論したい」と、自営業者の被扶養者にも同様の凍結や負担軽減措置を前向きに検討する意向を示した。

 一方、高齢者の反発が強い年金からの保険料天引きについて、舛添氏は「やめたら(保険料が)ただになるわけではない。あまりメリットがあるとは思えない」と否定的な見解を示した。

 都内で記者団の質問に答えた。
                  2008/05/22 20:58 【共同通信】
      *      *      *

 健康保険がパンクするからといって年金から保険料を徴収し、こんな馬鹿馬鹿しい診察料の支払いに使われたんではたまったもんじゃない。しかし、こういう無神経な制度を無理やり運用させられる医療機関をどうか悪者にしないで欲しい。全ては無能化した税金を食い物にしている人の責任なのだ。
by antsuan | 2008-05-22 22:43 | 文学・教育・科学・医療 | Comments(2)
Commented by saheizi-inokori at 2008-05-23 08:05
私たちはよく分からない面があるので医療関係の人たちが反対意見を言ってくださるとありがたいです。
何も知らないと思って勝手にやっている人たちにガツンといってやりたい。
Commented by antsuan at 2008-05-23 12:53
・役所連中の尻馬に乗って民間企業いじめをしているマスメディアを何とかせにゃいけません。