あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

新緑の墓参り

 新緑の眩しい古都鎌倉。ここにはしょっちゅう訪れるのですが、行楽客のようにあちこち見て回るのではなく、主に墓参りの為です。今日は祖母の命日にあたり、昨日のうちに墓参りに行ってまいりました。もともと広島の瀬戸田にあった墓を鎌倉にもってきたのは、祖母の長兄にあたる加賀谷凡秋が高浜虚子のまな弟子であったからでしょう。虚子の墓は鎌倉の寿福寺にあります。

 寿福寺は、一般観光客を受け入れていないのですが、ホトトギスの句会の場所であり、源氏山からのハイキングコースになっていたりしているので、訪れる人は少なくありません。しかし、せいぜい北条政子の墓といわれる五輪塔や、虚子、大佛次郎の墓を観るぐらいでしょうか。写真に載せた境内には一般客は入れませんが、いつもキレイに手入れされているので、ちょっともったいない気もします。

d0001610_7243833.jpg


d0001610_7255468.jpg


d0001610_72541.jpg

by antsuan | 2008-05-19 07:35 | 身の回り・思い出 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/7930171
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。