あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

たかりに来たことを忘れずに

 チャイナからの要注意人物、胡錦涛国家主席が国賓として来日し、五日間も滞在するという。昨日、私が県庁に用事で行った時には、どうやら、その要人は神奈川県知事や横浜市長と会談していたようだ。松沢県知事も中田市長も若い未来志向の政治家だから、チャイナの国家主席に対して媚びることはしなかっただろう。お互いに大いに見聞を広めるが良い。

 胡錦涛国家主席は、過去にチベット人民を弾圧した事によって出世したことはよく知られていることだ。しかし、日本人を殺しまくったマッカーサー元帥にしても同じことが言えるように、日本を見て日本人と接すれば、生き方が変わるかも知れない。武力で弾圧することの無意味さを理解するかも知れない。

 そう考えると、日本を仮想敵国視しているチャイナの指導者を国賓として招待することも無駄なことではない。しかも、チャイナに媚びることをしなくても、我が国は繁栄していることを見せつけることが出来るのだから、大いに意義のあることだと思う。

 今回の国家主席の低姿勢も、オリンピックを控えているからというよりも、日本の底力を身にしみて感じているからだといえるのだ。是が非でも日本に経済協力を続けて欲しいチャイナにとって、いま、無理難題を押し付けてくることはまず考えられない。

 しかし残念ながら、共産党が実権を握っている限り、経済協力をすることは、泥棒に追い銭をやるようなものである。つまり、日本国民が汗水垂らして得た資産を搾取されることを意味している。チャイナは米国の真似をしようとしているのだ。そのことを忘れてはならない。
by antsuan | 2008-05-10 22:50 | 政治・経済 | Comments(3)
Commented by chiyoko1960 at 2008-05-11 10:16
今回は、教科書も餃子もカットでしたね(^。^)。心に残っているのは円借款の話だけです(単にニュースを聞いてないだけなのですが)。
Commented by antsuan at 2008-05-11 15:54
・万世一系の歴史ある我が国の繁栄を見て、伝統と云うものがいかに大切かを学び取って行ったかどうか。過去の弾圧をぬぐい去ることの出来るような、民主化を推し進めるのならば、それにかかる費用の援助は惜しみなくするべきでしょうが、彼も軍部を抑え切れないのでしょうね。
Commented by mimizu_biki at 2008-05-11 18:55
記事にまったく関係ないコメですみませんm(_ _)m

一昨日ははげまし(なぜひらがな?)のコメをありがとうございました。
お礼に、バトンを渡そうと思うのですが、受け取ってもらえますか?
嫌だと言われてももう持ってきちゃったんで、置いて帰ります。
よろしく~。
http://kitanomon.exblog.jp/7881648/
たかりにきたことを忘れずに、、、
あながち記事とまったく関係なくもないかも。