あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

散る美学

 日本では桜の開花もそろそろの今日この頃だが、小さい頃に福島で育ったものだから、桜と云うとサクランボの実の方を思い出すことが多かった。もちろん、福島では阿武隈川の辺の桜も忘れることが出来ない。桜自慢を言い出したら、それこそ全国あちこちから手が上がるだろう。海の向こうのワシントンは、ポトマック川のソメイヨシノは何時ごろ開花するのだろうか。ブログをつけ始めてから、外国に住んでいる方も見て下さることがあると思うと、妙に地球規模で考えるようになったみたいだ。
 あちらの桜は、直ぐには散らず2週間以上は咲いているのだとか。日本から持って行ったものなのに不思議な気がする。いや本来は、日本の桜が散るのが早すぎるのかも知れない。そうでなければ、散る美学が生まれる訳は無い。さらさらと桜吹雪に舞って散る桜。あの爽やかさを、死に際と対比させるのは何故なのだろう。年を取ってくるとどうしても死を身近に感じぜらるを得ないのだが、でんでんむしさんの「無理しないで安楽に死にたいな」にあるように、さらっと死を迎えたい日本人の願望と一致するからだろうか。
 また、日本放送協会の前会長のように不祥事を起こしても恋々と椅子に噛りついているような姿を嫌う日本人の性格が、桜の散り方に想いを寄せるのだろうか。
 しかし、どんな人であれ人生を全うしたいと思うのは当然なのだ。だが、いつそれを全うしたかを見極めるのは難しいことである。だから任務について言えば、任期をつけるのは妥当なことだと思うし、敢えて言えばその任期中に辞めさせるのは勝手すぎるのではないか。そのようなことを考えると、職務に就いている者は常に後継者育成を心がけておかねばならないと思う。軍隊では指揮官が倒れたら次に誰が指揮をするかを必ず決めている。
 死は突然訪れることもある。蕾のまま萎れてしまうこともあると思えば、たとえ一瞬であろうとも咲くことが出来るのは幸せなのだ。また桜の季節がやって来た。年々歳々花相似たり、歳々年々人同じからず哉
by antsuan | 2005-03-29 05:32 | 思想・瞑想・時代考証 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/78624
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。