あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

政治家の陽春の集い


d0001610_2220128.jpg

 今年も五月人形を出した。いつも同じ部屋に飾っているけれども、月日の経つのは速いものでもう十七回目になる。逞しく育って欲しいという願いが込められている鎧兜や人形なのだが、現代の若者を見ると、その逞しさがすっかり影を潜めてしまっているように感じられてならない。

 また、今日は支援している政治家の陽春の集いがあった。若いのにしっかりした政治家である、だが、どうやら出る杭は打たれるで、マスメディアでの露出度が党内実力者の癇に障ってしまったらしい。党内で微妙な立場に立たされているようだ。しかし、その政治家は闘争心をあらためて表明していた。どうか、逞しい政治家に成長して欲しいと願わずにはいられない。

 雨戸を閉める時、ふと見上げるとおぼろ月が・・、月の光は人のこころを静める作用が有るようだ。確かな明日の為に、逞しい若者を育てるのも、高齢者の仕事の一つではないだろうか。
d0001610_223031100.jpg

  朧月夜(おぼろづきよ)
                作詞:高野 辰之
                作曲:岡野 貞一

     1.菜の花畠(ばたけ)に
       入日(いりひ)薄れ
       見わたす山の端(やまのは)
       霞ふかし
       春風そよふく 空を見れば
       夕月かかりて におい淡し(あわし)

     2.里わの火影(ほかげ)も
       森の色も
       田中(たなか)の小路(こみち)を
       たどる人も
       蛙(かわず)のなくねも かねの音も
       さながら霞める(かすめる) 朧月夜
by antsuan | 2008-04-20 22:43 | 政治・経済 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/7745519
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hanaco at 2008-04-22 07:50 x
男の子の節句というのは、柏餅を食べる日!くらいしか
我が家のムスメ二人は認識のないようで・・・・。いいですねー。
男の子のいるおうちが羨ましい。鯉のぼりは?
うちのお隣さんちでは、今朝も泳いでいます。
Commented by antsuan at 2008-04-22 08:04
・こいのぼりの写真送って下さい!子供たちにそれで我慢させます。
(笑) わたしたちの頃は柏餅ではなくて粽でした。そういえば粽って云うものを食べなくなってしまいましたね。