あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

検証、大日本帝国は悪の帝国だったか。


 このブログを初めて間も無い頃、明治時代からの近代史を学校できちっと教わらなかったと書いたところ、戦後教育を受けた今に至る多くの日本人が同じ経験をしていて吃驚したことがあります。チャイナの指導者に「歴史を知らない日本人」と云われても仕方がない現状を嘆いたものですが、大東亜戦争後六〇年という年月の間に、戦勝国の軍事行動や国際紛争を見聞するにつけ、ようやく当時の戦勝国の仮面が剥がされてきたと考えるに至りました。

 結論から言うと、国家という単位で見る限り、我が国は当時の世界のどの文明国よりも民主的であったと断言してよいでしょう。

 ちなみに、今の我が国の政治が何故に腐敗しているかといえば、大日本帝国の正当性を否定した東京裁判の判決を受け入れて、いまだに、正義の仮面の剥がれてしまった悪意ある戦勝国の言いなりになっているからです。ですから今の政治腐敗を一掃するには、国家の品格を取り戻し、東京裁判の判決を否定することから始める必要がありましょう。

 イラク戦争を見てお分かりのように、米国はサダムフセインに無理難題を押し付けて戦争を仕掛け、フセインがその挑発に乗らないと見ると、大量破壊兵器を隠しているというでっち上げまでして戦争を始めました。ベトナム戦争では、米国はトンキン湾奥深く軍艦を侵入させ、貧弱な哨戒艇にわざと攻撃させて北ベトナムと戦争を開始しました。東京裁判で、インド人のパル判事は東條内閣が発足する遥か以前から米国は日本との戦争準備をしていたと看破しています。また、日本がアジアを征服しようとしていた計画が記されている文書といわれる「田中上奏文」は、今日ではコミンテルンによって作られたことが明らかになっています。

 太平洋戦争は明らかに米国が仕掛けてきた戦争だったのです。その目的は、日本が再び米国及び世界に於いて強国にならぬよう日本精神をぬき日本民族を永久隷属化することにあります。

 日米安保条約のみならず戦後の政治を見れば、その目的が達成されていることを理解出来るでしょう。

 古代ローマ帝国では負けた相手の人々もローマ市民として扱う寛容さがあったと、パクス・ロマーナの本を書いている塩野七生氏は述べていますが、大日本帝国もそれに負けず劣らず寛大でした。台湾から貴族院議員を出し、朝鮮の李王家には王公族として日本の皇族に準じる地位を与えています。有力な朝鮮の支配階層は日本の華族に準じる扱いをし、将官になった軍人もいます。満州では直系の皇帝を即位させてもいます。

 また、ナチスドイツから逃れて満州国境に終結していたユダヤ人のために、関東軍参謀であった東條英樹は特別列車を仕立てて受け入れていたことも明らかになっています。

 翻って、戦勝国の米国はどうでしょうか。アメリカ原住民を市民扱いするどころか抹殺しました。ハワイ王国を乗っ取り、王を退位させもしました。もちろん黒人の差別は大戦後も続き、リンチは日常茶飯事のことでした。大戦後もスポーツハンティングの一つとして原住民狩りをしていたオーストラリアでは、今年の二月にようやく首相が原住民のアボリジニにたいして謝罪しました。

 ソ連は東欧諸国や中東のアジア諸国に侵略、領土を拡張し、民族をばらばらにしています。チャイナは昨今も報道されたようにチベットを乗っ取り、ベトナムやカンボジアまで食指を伸ばしています。
 
 大戦後の戦勝諸国の行動は、戦前の大日本帝国の行動より民主的、平和的であるとは、どう見ても何処から見ても言えません。
 
 前にも述べたことがありますが、我々日本人が戦勝国に卑屈になっていることが、人種差別撤廃や民主化と闘っている発展途上国の足を引っ張っているのです。日本だけでなく世界中の平和を本当に望むのならば、人種差別撤廃を目指していた大日本帝国を再認識するべきでありましょう。

*参考文献 『パル判決書』と昭和の戦争 (渡部昇一) 月刊ボイス連載中
by antsuan | 2008-04-02 18:19 | 思想・瞑想・時代考証 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/7621416
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sweetmitsuki at 2008-04-03 06:47
近代史は高校でも大学でも、入試に出題されないので気合入れて勉強する人は少ないみたいですね。
それでも最近、帝国時代のニッポンはひそかなブームらしく、コンビニでも面白そうなタイトルの本が出回っているので、後ろ髪を引かれてしまいます。
Commented by Count_Basie_Band at 2008-04-03 07:50
>大日本帝国の正当性

無教養な私には、国家だの、家系だのといった過去とのつながりに「正当性」なる言葉が適用できるかどうか理解できません。
私は米軍の機銃掃射で殺されかけたのですが、父は「スパイ容疑」で大日本帝国軍人に斬殺されかけました。「正当性」を守るためだったのでしょうね。
Commented by antsuan at 2008-04-03 11:46
・芸術であれ、技術であれ、日本の文化の影響を受けたものが逆輸入されてきているように、政治思想も同じ道をたどると思われます。
 sweetmitsukiさん、現代の日本人は自己評価出来ない民族のようです。そこがちょっと悲しい。
Commented by antsuan at 2008-04-03 11:46
・それぞれに自分史があり、それぞれが真実でありましょう。それを封印してはならないし、もっと言挙げするべきだと思います。しかし、人種差別撤廃は一人ひとりがばらばらにやって出来ることではかなった筈です。
 Count_Basie_Bandさん、戦後の私を含めた日本人がいかに無教養であるか、それに比べて祖先はいかに教養が高かったか、歴史から学ばされます。