あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

高速道路の旅

選抜高校野球の応援に行った話の続きです。

 夜中の一時、仮眠はしたけれど未だ前日の仕事の疲れが取れないまま、神奈川県の葉山町を出発しました。横浜横須賀道路の逗子インターに入り、ずーっと高速道路をひた走る片道五百五十キロの旅の始まりです。

 東名高速に入ると、長距離トラックばかりがビュンビュン走っています。カーナビは「道なり」を表示したまま、ほとんど音声の案内をしなくなりました。箱根を迂回して静岡県に入り、沼津の愛鷹休憩所で一息入れましたが、ひたすら大型トラックの赤いテールランプばかりを見て走るのは本当に神経が疲れます。用心して約三十分置きに休憩所へ立ち寄り、愛知県の豊田市を過ぎた辺りでうっすらと夜が明けてきました。ところが、なんとカーナビは東名高速を外れて知らない道を案内しています。もうここまで来たらカーナビを信じるしかありません。思い切って指示通りに東名高速道路を外れて名古屋市街地のど真ん中を走る高速道路を使いました。約八十キロの速度に落としてそこを抜け、名神高速に入った辺りで太陽が顔を出しました。
d0001610_12132122.jpg

 もう長距離トラックばかりでなく、小型トラックや早出の通勤用の自家用車も一緒に走るようになってきました。京都に入る手前で最後の休憩所に寄ったのですが、そこには沢山の車が駐車していて観光バスも何台か見えます。降りてみると、なんとその団体はほとんどが北大津高校を応援に行く人々でした。おそろいの帽子やシャツを着ています。横浜ナンバーのこちらの車を見て「ヨコハマやんけー」なんか言っています。対戦相手もものすごく気合いが入っているのがヒシヒシと伝わってきました。

 そして京都南インターチェンジで下り、ひたすらカーナビの案内に従ってパン屋さんを目指しました。「まもなく目的地付近です」と云う案内の通り、というかドンピシャで目的のパン屋さんに到着です。さすがカーナビと家族一同感心しました。

 試合のためにゲンを担いで、カツサンド(三度勝つ)とあんパン(アンが芯に入っているから安心)を買いましたが、ほかにも美味しそうなパンがいっぱい。それもどれもが安くて、いったん会計をしたのですが、またトレイを持っていろいろ沢山買ってしまいました。
d0001610_12134146.jpg

 さて、そこから再び甲子園へ向かって走り始めました。子供や家内は先ほど買ったパンを食べ始めて「ウマイ、美味しい」の連発。引き返してもっと買おうと言われても、もう高速道路の上です。しかもカーナビの予定では約三十分の距離ですが、朝のラッシュアワーに嵌まったようで速度はそんなに出せません。それでも、カーナビのおかげでほぼ時間通りで尼崎インターを降りて高速道路の下を走り、これが阪神淡路大震災の時に崩壊した高速道路かと感心しながら、無事に甲子園に到着しました。
by antsuan | 2008-03-29 12:23 | 身の回り・思い出 | Comments(5)
Commented by sweetmitsuki at 2008-03-29 21:17
そんなに美味しいパンなのですか?
京都には一度といわず、二度もも三度も通ってみたいところ。
訪れた折りにはぜひ訪ねてみたいです。
Commented by antsuan at 2008-03-29 21:21
・パンを食べて感激したのはこれが初めてです。そういう表現がぴったりするほど美味しいのです。

Commented by syenronbenkei at 2008-03-30 22:47
カツサンド(三度勝つ)とあんパン(アンが芯に入っているから安心)
に、笑いました。なるほど。
今度スロに行くときに・・・(笑)
Commented by syenronbenkei at 2008-03-30 22:49
書き忘れ(笑)
長距離運転は後からけっこう堪えるんですよね。
僕は痔主ではありませんが、九州へ旅行に行った時、一日中運転してさぁフェリーで帰ろうと思ったらちょうど修学旅行とぶつかって乗れなくて、陸路で帰ったことがあります。1,000kmくらい走りました。
で、明くる日、痔が出ました。
初めての経験でびっくりしました。
Commented by antsuan at 2008-03-31 12:26
・セイロンベンケイさん、モノポールのあんパンって芯どころかゼーンブあんだらけ、でかいお饅頭みたいなんです。これが黒星になった原因かも・・。きっと平安高校が第一試合に勝って"安心"してしまったんでしょうねぇー。(苦笑)
長距離を走るにはトラックのように椅子みたいな座席の方が好いのかも知れませんね。帰りは試合に負けた疲労感も加わり自信がなかったので家族を新幹線で帰し、各休憩所でゆっくり休んで帰って来たのですが、地元なはずの鎌倉藤沢の街並みが見知らぬ町に感じて、おまけにカーナビもいい加減な案内をするし、思わぬところで道に迷ってしまいました。