あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

給与の基準

再び、官民格差に怒る。

 NPO法人のセミナーに参加したとき、三菱東京ユーエフジェー銀行調査部の人が四十歳代のサラリーマンの平均年収は四百三十万円であると教えてくれたことは、以前に書いたことがある。四十歳代と云うことは経験も豊富なベテラン職員であり役職についている人も多い筈である。実際、新聞に報道される給与額と云うのは大抵がサラリーマンの一割にも満たない大企業が発表したものであって、残り九割の中小企業のサラリーマンはだいたいそんなものである。

 しかるに先頃、横須賀の国立系大病院が新卒の看護師を年俸四百八十万円以上で青田買いをしていてひんしゅくを買っていると聞いた。医学部を出たての研修医は未熟者として月給十万円そこそこと云うのに、資格を取って右も左も分からぬ看護師の方が、ベテランの戦力の中枢にいる壮年サラリーマンよりも給与が高いのだ。民間企業では出来るわけの無い非常識極まる処置である。

 これを官民格差と云う。能力でなく身分によって差別する封建社会に逆戻りしているのだ。こんなことを許していていいはずが無い。はっきり云おう、公務員の給与は大企業を基準にしてはならない。国全体の企業の基準を元にして支給するべきである。公務員は君主たる国民の使用人である。身分から云えばもっと低い給与でも良いともいえるが、そこは平等の精神を尊重しよう。しかし、国民全体の平均的給与水準を上回ることは、国民を公務員より低く差別していることであり、目をつぶっていることは出来ない。
by antsuan | 2008-03-21 13:17 | 政治・経済 | Trackback | Comments(13)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/7532395
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by realutopia at 2008-03-21 15:20
公務員の給与の件、賛成です。また、政治家ももらいすぎだと思います。何とかチルドレンの若造なんか年収120万円から始めるべきでしょう。
Commented by mimizu_biki at 2008-03-21 19:21
ログインし直すのが面倒なので、みみずでこめんとします。

僕は考え方まるっきり逆です。
今までに何度か言っていますが、公務員は使用人ではなく、僕らのできないことを代わってしてくださる人、つまり僕たちはお願いする立場であると考えています。
ですから給与ではなく謝礼。
謝礼をけちるてのは僕の美学には反します(笑)
ですので、民間給与は公務員給与を基準にしてを算出すべきと考えます。
で、僕とこでもコメレスに書きましたが、官民格差は税金を投入、と。

これ↑とはちょっと内容が違いますが、今日新聞を見て思ったこと(公務員関係の記事)、明日書こうと思っています。
今日は別の記事を書いちゃったもんで。
Commented by anthonberg at 2008-03-21 19:36
公務員もひとくくりにしてしまうとなんですが、看護師って看護師になるための勉強期間が長いですよね。今でも正看護師と准看護師と分けているのかわかりませんが、正看護師になるには時間もかかるし勉強も大変だから、それはその資格を取得し、安定した給料を得る意味があると思います。ただ准看の人は手取り20万円貰えないですし、看護師は夜勤もやってますから、体を酷使して仕事しているのは事実だと思いますよ。役所のように休みもたくさんあって土日は休みとは訳が違うと思います。

長くて怒られてしまいましたので分けます。(^^;;;
Commented by anthonberg at 2008-03-21 19:37
デンマークにいて思うのはどの仕事をするにも『資格』を取得しなければいけない事。資格のない仕事はレベルが低く、何になりたいという道を決めて、その勉強をして、資格を得て初めてその職に付けるのです。役所の人もそれなりの勉強をしているので、専門職です。日本のように資格も何もなしでただその『会社』や『役所』にいるから給料がどうこうになると色々不満も出るんでしょうね。経験があるのにーとかになってしまうんでしょう。
経験や実力より、資格がある事が一番大切な国にいるのでたとえ仕事が出来ても私はこっちでは無資格者で安定した職にはつけません。そして給料に差があります。嫌なら勉強して資格を取るようにって事だし、それは一番わかりやすいかなーと思いますよ。日本もそうなればいいんですけどね、大学に行ってただ『いい会社に就職する』事だけが目的なので実際専門的な勉強をしてないし。
Commented by antsuan at 2008-03-21 19:39
・realutopiaさん、給与は能力に応じて貰うべきであると思うのです。労働者の給料が個人事業主よりも高いのは自由主義の基本から外れますよね。
Commented by antsuan at 2008-03-21 19:39
・公務員ではないと出来ない仕事って何でしょう?兵隊?裁判官?議員さん? mimizu_bikiさん、前にそちらにコメントしたことがありますが、公務員の給料を基準とするのは社会主義的発想ではないでしょうか。よしんば、公務員給与を基準とするのならば、大企業の給与水準を公務員は参考にするべきではないし・・。
Commented by anthonberg at 2008-03-21 19:44
しつこいですが、もう一つ。
介護現場のリーダーになるにもリーダーの勉強をして資格を得てなれるのです。メカを扱う人も、ITの人も、事務所の人も、役者ですらみーんな資格者です。日本人は仕事にこだわるなら資格にこだわってもいいかも?それに資格の証明書も適当過ぎて、それに価値がないです。こっちでは資格書にも、何時間勉強して、どれだけの内容を勉強して試験にどの成績で合格して、などが書かれているため、日本の資格にはその詳しさがないから私はこっちで資格者として認めて貰えないんです。どれだけの事が匹敵するかがわからないから。たとえ経験があってもそれは『経験』であって『資格』じゃないんですよね。また最初から勉強はキツいですが、働くにはそうするしかないです。給料の基準を年齢で考えるからいけないのかもしれませんが、日本の政治家は貰い過ぎです。あれはあり得ないです。間違っている事は一杯ですよね。
Commented by antsuan at 2008-03-21 19:57
・anthonbergさん、資格は能力とは違うと思うのです。それが差別の始まりのような気もするし・・。海軍では機関科の士官は艦長になれず副長止まりです。病院長も保健所長も看護師や事務職員はなれず医師の資格が無いとなれません。デンマークだって、医師の初任給よりも看護師の初任給の方が高いなんてことは無いでしょう。誰であっても資格があってもなくても、責任ある仕事をしている者が責任のない仕事をしている人より低い給料しか貰えないのはおかしいと思いますよ。競馬の馬券売り場のおばさんの方が医師や看護師よりも給料が高く、退職金などは何千万円も貰える。そんな世の中を肯定したくは絶対無いです。
Commented by Count_Basie_Band at 2008-03-22 09:01
私が民間のサラリーマンになった頃、同期卒業の国家公務員の給料は我々の半分でした。
それでも国家公務員のほとんどは誇りを持って働いていました。彼等は旧華族、旧高等武士、旧高等軍人の子孫たちだったのです。あれぞノブレス・オブリジュでした。

その後、貧苦から身を起こし、それこそ刻苦勉励、ガリ勉で公務員試験を通った連中が公務員になって官民の給与が逆転したのです。

今の公務員や公務員から転向した議員連中は生まれも育ちも、したがって根性が賎しいのです。
Commented by antsuan at 2008-03-22 09:56
・科挙制度は決して良い制度とは言えませんね。高度成長期の通産省官僚は優秀でしたが、昔から外務官僚はいただけない。この科挙制度の悪弊を除外するためにも国立大学の民営化を望みます。
Commented by anthonberg at 2008-03-25 09:07
日本の場合では資格と能力が違う、というのはよくわかります。それが差別と思っているantsuanさんに説明したいのでちょっと長いです。

デンマークでは職業によって給料が決まっているので看護師よりは医者の方が給料が高いのです。だけど、医者の方が医者になる為の教育を受け、資格を取る時間が長いのでそれは当然なのです。その職に就くためには先に『能力』を見せないと駄目なのですよ、それが資格として形になるので、最低でも1年以上はどの仕事に就くためにも資格取得の勉強をします。そこでその仕事に合うか、能力があるかが判断されるのです。いくら自分がその上を取りたくても、試験の成績が悪いとか、パス出来ないようなら無理だから。なので確実に考え方が日本と違うのです。でもわかりやすいと思いますよ。誰でもその仕事に就けるわけではないのである意味その職に就いている人は実力があり選ばれた人という事です。プロとして仕事を開始してからは平等に年数、経験として計算されるでしょうが、差別ではなく、区別です。無資格で介護の仕事は今日本でも出来ませんよね?それは差別じゃないと思います。
Commented by anthonberg at 2008-03-25 09:08
まず資格を取ってから仕事して下さいって事になるでしょうし、いくら才能があっても勉強していない人は雇う方も不安じゃないでしょうか?責任ある仕事だからこそ専門の『勉強』をしてからスタートする、という事ってある意味わかりやすくないでしょうか?デンマークの病院長は病院長になる為の資格が必要なので、医者や看護師はなれません。なりたければ医者であろうと資格を取得してからです。(笑)逆に看護師が事務職員になりたくても事務の勉強をしていないとなれません。資格という基準がない場合、誰がその人の能力を評価してくれるのか?ただ日本の場合、身分と能力が一致していないから、資格に重要性がないのではないでしょうか?
Commented by antsuan at 2008-03-25 14:54
・デンマークの方は良い意味でブルーカラーとホワイトカラーが分かれていますが、日本は悪い意味でこの二つが分かれています。
本来のホワイトカラーは単なる人文的技術者でしかないと思うのですが、戦後の日本では、ホワイトカラーすなわち支配者みたいな、無意味で悪質な「資格」がいっぱいあります。その最たるものが公務員資格と云うやつです。
国会には軍隊を統帥する権限が無いと言い出して国家を潰したのが、科挙制度で成り上がった陸軍大学校や海軍兵学校出の軍人官僚です。戦後は東大出の官僚が予算作成や法案作成を牛耳って、我が国を前代未聞の大借金王国にしてしまいました。
要は資格を決める立場にある連中が腐っていると云うことです。