あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

日本が世界を引っ張る時代がやって来た

 アメリカの不動産バブルが完全に弾けてしまいました。日本では山一証券が倒産したように、アメリカでも証券会社が事実上倒産し、銀行に吸収されたという報道があって、為替相場も一ドルがあっという間に九十五円になるなど、円高ドル安はとどまるところを知りません。昔に瞬間的に一ドルが八十円を割った時があります。恐らく年内の早い時期、サミット前後にはその数値を更新することと予想していて間違いないでしょう。

 また、世界中で石油や金、穀物などの商品相場が高騰しています。円高でその商品の高騰を吸収出来る日本はほとんど痛手を受けませんが、ドルと連動させている通貨のチャイナなどは悲惨といっていいでしょう。果たしてまともなオリンピックを開催させることが出来るのでしょうか。
by antsuan | 2008-03-17 23:55 | 政治・経済 | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/7508118
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Count_Basie_Band at 2008-03-18 13:27
>昔に瞬間的に一ドルが八十円を割った時があります。

あの時はUSDだけでなく、ユーロもポンドも安くなり、妻は3ヶ月もロンドンへ遊びに行っていました。
今回はドルだけが下がっています。状況はまったく違います。

>円高でその商品の高騰を吸収出来る日本はほとんど痛手を受けませんが、

しかし一方で輸出企業の業績が大幅に悪化し、その煽りで日本の家計収入がさらに減少する懸念の方が大きいのではないでしょうか。

いくら輸入価格高騰を吸収できても致命的な輸入依存度が改善されるわけではありません。つまり何から何まで外国から買わなければならない日本が世界を引っ張るのは無理ではないかと思うのです。

この円高で米ドル換算のGDPは増えるでしょうが、それは絶対金額だけのこと。OECD30カ国で中位より下という地位は変わりません。かつては英仏独といったEC主要国を見下していた日本ですが、これらEC主要国が全力を挙げて食料とエネルギーの自給率改善につとめ、今やECだけで自活できるようになっていますので世界が荒れ始めたら太刀打ちできないのではないでしょうか。

Commented by Count_Basie_Band at 2008-03-18 13:28
いびつな人口構成、急降下を続ける教育水準、そして何よりもメチャクチャな国家財政とそれに危機感を持っていない政府ーむしろ存亡の危機を迎えるのではないかー老人の取り越し苦労であれば良いのですが。
Commented by sweetmitsuki at 2008-03-18 21:34
暴動の報道があったチベットですが、 今チベットへの外国人観光客で一番数が多いのは日本人だそうです。現在でも法王がお住まいになっていておかしくないポタラ宮、チベットの問題を考えるきっかけになってもらえればいいのですが…。
 平和的な解決を望みます。
ニュースを見ていて気になったことですが、ダライ・ラマ法王によるとチベットは中国の言う“独立”ではなく、より現実的な“高度な自治”を求めているということです。

Commented by antsuan at 2008-03-19 15:27
・電子マネーの流通で基軸通貨が必要な時代では無くなったと読んでいます。また、金本位制に戻るとも云われておりますが、菱刈鉱山を持つ日本はびくともしません。(是川銀蔵の仕手戦の時、株をやっていました)
 これからの一世紀、鍵言葉は「環境」です。つまり自然との共存であり、それを達成したことがある人種が日本人です。 Count_Basie_Bandさん、EUは石油資源を持っている限り、環境問題を克服することは出来ないと思います。

 日本は米国とともに一度はコケるのですが、それは昆虫の脱皮と同じです。

Commented by antsuan at 2008-03-19 15:27
・sweetmitsukiさん、チベット問題はチャイナの国内問題なのでしょうか。「環境問題」には人種の共存も解決するべき課題です。宗教問題も、人種問題も日本こそが国際的リーダーシップを図れると考えます。
Commented by Count_Basie_Band at 2008-03-19 16:28
「基軸通貨」は「支配的な決済手段」であるとともに「勝ちの換算係数」でもあるわけですね。何らかの換算係数は常に必要ではないでしょうか。

>環境問題を克服することは出来ない

英文の契約書には”God's will"と言う言葉が必ず使われます。
よくわからないことに出くわすと"It's God's will"と言って肩をすくめておしまい。
そこが「ユダヤ三教」の人々、すなわち「YHWH」だけを神とする人たちと、「八百万の神」、すなわち「大自然」を崇め尊ぶ我々との根源的な違いだと思うのです。

大気や水といった生命に必須の自然資源が、化石燃料を利用する人間の営みからの排出物で汚染されても"It's God's will"かもしれません。
Commented by antsuan at 2008-03-19 17:17
・部分的金本位制を採用するために米国は金をしこたま貯め込んでいるといわれておりますが、これって換算係数は基本的にモノであることを証明していると考えます。ま、コメが換算係数になることは今後は無いと思いますが・・。

 Count_Basie_Bandさん、ハリケーンも津波も、熱波も寒波も"It's God's will"で済まさないのが彼らだと思うのです。その地獄をも怖がらない破壊的精神には確かに太刀打ち出来ないと思います。結局彼らはノアの箱船を造ることになるのでしょうね。
Commented by Count_Basie_Band at 2008-03-20 06:07
>換算係数は基本的に

そうですね。「換算係数」を「金兌換通貨」にすれば昔通。ドルもユーロも勤惰簡易すればこの問題は解決しそう。

>彼らはノアの箱船を造ることになるのでしょうね。

その箱船にイージス艦を衝突させる?
そういうアニメ映画、作らせましょうか(^^;)。
Commented by antsuan at 2008-03-20 20:32
・イヤー、そういうものはハリウッド映画に任せましょうよ。アメリカの大事な輸出産業でしょうから。今は無用な貿易摩擦は避けないと・・。