あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

アメリカが変わる、日本も変わらねば

 「アメリカを変えよう」と云う米国の大統領候補が現れた。四十歳代の若さで、しかもハワイ出身の黒人である。暗殺されたケネディ大統領を彷彿させる。ケネディ大統領兄弟を知っている人ならば誰でもそう思うだろう。

 翻ってみて日本はどうだろうか。日本の政治家は相変わらず程度が低く、幼稚なことばかりやっているように見える。以前に、松下幸之助が政経塾を立ち上げると聞いたときには大いに期待したものだったが、民主党の前原元代表や松沢神奈川県知事など、この政経塾出身の政治家の働きを見て正直がっかりしているところだ。

 その松下政経塾のことを、伝記作家の上坂冬子が、「松下政経塾同宿記」として月刊ボイスに連載している。第八回目は「恵まれない育ちから政治へ」という題であった。孤児院出身の草間吉夫高萩市長の紹介記事を綴っているのだが、やはり書き方がうまい。まさに慟哭しながら読んだと云っていいだろう。

 孤児院を作り運営した人々や里親になった人々、このような、崇高な志を失わない日本人がおられることを思うと、日本も未だまだ捨てたものではないなと思うと同時に、やはり、日本の政治家にはもっともっとしっかりして欲しいと願わずにはいられない。
by antsuan | 2008-03-04 12:21 | 政治・経済 | Comments(0)