あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

歴史は科学ではない

 このブログを始めてから来月で三年の月日がが経つことになる。その始めの頃に、戦後の教育を受けた者で日本史を最後まで習ったと云う人がほとんどいなかったことを知って驚き、溜め息をついたものだった。

 しかし、あれから政権は小泉、安倍、福田と代わったけれども、日本の教育問題は良い方向に向いてきているのだろうか。ゆとり教育が見直されたというが、何が変わったのか本当のところさっぱり解らない。逆に歴史がますます軽んじられて、教育即ち科学的科目重視みたいな風潮になって来ているのではないかと危惧している。

 教育の基本は何と言っても国語である。国語は科学ではない文学だ。文学を会得しない科学的知識人を有識者と云うようだが、もうお解りのように彼らはろくな人間ではない。文学をしっかり学んでこそ、情緒が豊かになり、科学的な決まり事にも多面的な判断力がつくと云うものではないか。
 
 教育を論じるときに忘れてはならないのが、語学力ではなく国語力なのだ。横文字の氾濫はどうにかならないものか。またしても溜め息が出てくる。
by antsuan | 2008-02-14 23:59 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback(5) | Comments(7)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/7260229
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 墓の中からコンニチワ at 2008-02-15 10:53
タイトル : エライ大臣様が...
イヤー恥ずかしい。 70を超えるまで「逐一」を「チクイチ」と読んできた。 ところが「チクヒトツ」が正しい読みのようだ。 エラーイ農水大臣が記者会見で「チクヒトツ」と言っていたから「チクヒトツ」が正しいに決まっている。 昨晩初めて耳にして驚き、今朝もいろいろな報道番組でその記者会見の場面を何度も見たが、やはり「チクヒトツ」と言っている。 『広辞苑』も「チクイチ」となっている。まずいね、こりゃ。 正して貰わなくっちゃ。 大臣様が「チクヒトツ」と仰っているのだから... ... more
Tracked from 墓の中からコンニチワ at 2008-02-15 10:54
タイトル : 疑問を持てよ!
八甲田山で山スキーのグループが雪崩に襲われた。 滑り難いが雪崩の直撃も受けにくい木立のルートを選んだグループが無事だった。そのガイドをテレビがインタビューしていた。 「アッチワシロイホウサイイッタスケ、ヤラレタワケ」 この方言を訳したテロップは 「あっちは白い方へ行ったからやられた」 東北地方には、江戸弁同様、「し」と「ひ」が反対になる土地が多い。 あのテロップの原稿を書いた記者、あのテロップをタイプした担当者は「あっちもこっちも白い」画面を見て疑問を感じなかったらしい。被害にあったグルー...... more
Tracked from 墓の中からコンニチワ at 2008-02-15 11:03
タイトル : ボキャ貧に加えて
29日の所信表面演説、BGM感覚で聞いていたが、とにかくカタカナが耳障り。 そこで夕刊に載っていた全文を斜め読みし、私でもカタカナにせざるを得ない言葉を拾ってみた。 インターネット アニメ コンテンツ アジア パート労働 フリーター ニート ブランド ゼロベース ミサイル ロシア オーストラリア インド イラク テロ エネルギー メールマガジン メイド・イン・ジャパン アインシュタイン 以上19個だが、地域名、国名、人名を除くと12個に過ぎない。 あ...... more
Tracked from 墓の中からコンニチワ at 2008-02-15 11:07
タイトル : 嫌いな日本語
「何気に」「さりげに」「やむを負えない」などは論外として、近年定着したらしい日本語の表現で私の特に嫌いなものがいくつかある。 1.生き様 私の学生時代までは、「死に様」は普通に使われていた。「あんなヤツの死に様が見たい」といった表現である。「生き様」という言葉はいつ頃からだろうか。『広辞苑』に載っているのだからそれほど最近ではないようだ。 自分の過ごして来たぶざまな生き方。転じて、人の生き方。「すさまじい―」 やはり元々は「ぶざま」なのだ。私は直感で他人に使うと失礼にあたると思った...... more
Tracked from 墓の中からコンニチワ at 2008-02-15 11:11
タイトル : 英語より日本語
 『国家の品格』の「英語より国語、漢字」で思い出した。私自身、ある雑誌に言語教育について書いたことがある。ディスクを検索したら残っていた。2003年9月だ。 *****************  辞書を引けばわかる単語を高校入試だけのために暗記させられていたら私だって英語嫌いになっていたかもしれない。発語の裏で働く心の理解という外国語学習の一番面白い部分に時間とエネルギーを費やすことができなくなるからである。助動詞や前置詞、そして「be」や「have」は英和辞典を引いて理解できる言葉ではない。八百...... more
Commented by syenronbenkei at 2008-02-16 00:23
横文字氾濫反対賛成。
↑イ尓不理解?訳若芽。
Commented by antsuan at 2008-02-16 22:03
・何時からでしょうね、こんな横文字の氾濫は。きっと日米構造協議において世界標準語の米語を使うべしとのお達しがあったんでしょうね。この頃の日本放送協会のラヂオ放送も酷いものです。そういえば最近のパソコンで使われ始めたユニバーサルフォントも同じ思惑が隠されている気がします。
Commented by kinohana41 at 2008-02-18 11:24 x
「隠された十字架」から、入らせていただきました。私はパソコンも初心者だし、当たり障りのない記事しか書かない方針ですが、歴史と国語の教育に関して、全く同感です。
自分の子供達が(もう大学もとっくに卒上した社会人ですが)「日本史も世界史も習ってない」と言ったのには驚きました。
戦争が繰り返されるのももっともです。
それに、娘が「牛若丸って何?」と言ったのにもビックリ!
私は専業主婦だったのにーー     そんなことは「自然に」知ってると思っていました。
Commented by kinohana41 at 2008-02-18 11:28 x
ごめんなさい。卒業が卒上になってました。やり直す時間、今ちょっとないのでーー   なにしろパソコン初心者だから時間かかります。
途中で消えたりー-どうしてかな?
Commented by antsuan at 2008-02-18 16:15
・kinohana41さん、初めまして。
一神教と戦争の話、梅原猛もそういう表現をしていたように思います。教育は学校任せではいけないと思うこの頃です。

Commented by gabefunyaa at 2008-02-20 21:25
いまどきの高校生、入試に要るかどうか、だけで科目を捨てるようなもったいないことをします。
古文・漢文の知識がないと楽しくないですよ。
(四文字熟語そのほか、いろいろなネタを扱えない)

教師と親以外の大人と出会う機会がない、そこに今の日本の若者のとほほな状態の理由が隠れているような気もしています。
Commented by antsuan at 2008-02-20 23:35
・gabefunyaaさん、高等教育って教養を高めることで、ただ知識を豊富に持つことと違いますよね。社会教育の方が学校教育なんかよりもよっぽど教養をつけられるはずなのですが、学歴社会の弊害でしょうかね。