あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

歴史は科学ではない

 このブログを始めてから来月で三年の月日がが経つことになる。その始めの頃に、戦後の教育を受けた者で日本史を最後まで習ったと云う人がほとんどいなかったことを知って驚き、溜め息をついたものだった。

 しかし、あれから政権は小泉、安倍、福田と代わったけれども、日本の教育問題は良い方向に向いてきているのだろうか。ゆとり教育が見直されたというが、何が変わったのか本当のところさっぱり解らない。逆に歴史がますます軽んじられて、教育即ち科学的科目重視みたいな風潮になって来ているのではないかと危惧している。

 教育の基本は何と言っても国語である。国語は科学ではない文学だ。文学を会得しない科学的知識人を有識者と云うようだが、もうお解りのように彼らはろくな人間ではない。文学をしっかり学んでこそ、情緒が豊かになり、科学的な決まり事にも多面的な判断力がつくと云うものではないか。
 
 教育を論じるときに忘れてはならないのが、語学力ではなく国語力なのだ。横文字の氾濫はどうにかならないものか。またしても溜め息が出てくる。
by antsuan | 2008-02-14 23:59 | 文学・教育・科学・医療 | Comments(7)
Commented by syenronbenkei at 2008-02-16 00:23
横文字氾濫反対賛成。
↑イ尓不理解?訳若芽。
Commented by antsuan at 2008-02-16 22:03
・何時からでしょうね、こんな横文字の氾濫は。きっと日米構造協議において世界標準語の米語を使うべしとのお達しがあったんでしょうね。この頃の日本放送協会のラヂオ放送も酷いものです。そういえば最近のパソコンで使われ始めたユニバーサルフォントも同じ思惑が隠されている気がします。
Commented by kinohana41 at 2008-02-18 11:24 x
「隠された十字架」から、入らせていただきました。私はパソコンも初心者だし、当たり障りのない記事しか書かない方針ですが、歴史と国語の教育に関して、全く同感です。
自分の子供達が(もう大学もとっくに卒上した社会人ですが)「日本史も世界史も習ってない」と言ったのには驚きました。
戦争が繰り返されるのももっともです。
それに、娘が「牛若丸って何?」と言ったのにもビックリ!
私は専業主婦だったのにーー     そんなことは「自然に」知ってると思っていました。
Commented by kinohana41 at 2008-02-18 11:28 x
ごめんなさい。卒業が卒上になってました。やり直す時間、今ちょっとないのでーー   なにしろパソコン初心者だから時間かかります。
途中で消えたりー-どうしてかな?
Commented by antsuan at 2008-02-18 16:15
・kinohana41さん、初めまして。
一神教と戦争の話、梅原猛もそういう表現をしていたように思います。教育は学校任せではいけないと思うこの頃です。

Commented by gabefunyaa at 2008-02-20 21:25
いまどきの高校生、入試に要るかどうか、だけで科目を捨てるようなもったいないことをします。
古文・漢文の知識がないと楽しくないですよ。
(四文字熟語そのほか、いろいろなネタを扱えない)

教師と親以外の大人と出会う機会がない、そこに今の日本の若者のとほほな状態の理由が隠れているような気もしています。
Commented by antsuan at 2008-02-20 23:35
・gabefunyaaさん、高等教育って教養を高めることで、ただ知識を豊富に持つことと違いますよね。社会教育の方が学校教育なんかよりもよっぽど教養をつけられるはずなのですが、学歴社会の弊害でしょうかね。