あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

デッキで寝そべる

 いま、目を覚めたらしとしと雨が降っている。昨日の日曜日は良い天気だった。久しぶりに船に乗った。沖の岩場で釣り糸を垂れるが、釣れないのでのんびりしたものだ。一人の子供が船酔いになる。顔が青い。仲間の一人は花粉症で鼻が詰まってかわいそう。陸から離れてもダメのようだ。
 遠くでヨットレースをやっているらしい。スピンネーカーと云う追っ手用のカラフルな帆をはらませて連なって走る姿はとても綺麗だ。その向こうのもっと遠くに目をやると伊豆の山々と白い富士山が霞んで見える。また反対側の東の山を見てみると、桜山と古い書物にも謳われた山が、どことなく桃色がかって見える。しかし風は冷たく、まだ咲くまでにはなっていないだろう。
 風が出て来た。船酔いの子供はキャビンの中で寝ている。錨を揚げて早く帰ろう。透き通った海の中に白いロープがよく見える。この海には、サングラスや帽子、錨や三馬力の船外機まで数多くのものを落としている。しかし、またこの場所へ来てしまう。そう葉山の海は最高なのだ。
by antsuan | 2005-03-28 06:07 | 自然・ブルーウォーター・競技 | Comments(0)