あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

教室を塾に開放

 わが家では、子供たちがあんまり勉強しないのでテレビのアンテナをとっぱずしたら、長男は携帯電話をいじくり回し、次男はテレビをプレイステーション2のモニター専用にして、相変わらず、勉強などさっぱりやらない毎日を過ごしています。そこで、長男の携帯を取り上げたのですが、今度は私のMacを占領されてしまいました。

 そんなわけで、大分前から学校で補講をやってくれないかと考えていたのですが、今日の新聞に「教室を塾に解放」と云う記事が載っていて、もうちょっと早かったらと悔やんでおります。

 それと、「十八歳から成人に」と云う記事も数日前の新聞に書いてありましたが、これも大賛成です。私などは昔は十五歳で元服であったことを踏まえて、十五歳から成人にしてもいいのではと思っているぐらいです。そうすれば、高校受験や大学受験は親がかりにならなくなるだろうし、学校ばかり行っていないで社会勉強の事も自然と考えるでしょう。
 
 また、学校に塾の先生が入り込めば、自然と学校の教師は対抗意識を燃やすことになるに違いありません。問題は知識を詰め込むだけでなく、子供たちに人間性を諭し育む人格形成を誰がするのかと云うことになりますが、それは何も学校で教えることではなく、社会全体、つまり、親や職場の上司、近所のお年寄りであっていいと考えています。
by antsuan | 2008-01-26 23:57 | 文学・教育・科学・医療 | Comments(10)
Commented by 高麗山 at 2008-01-27 01:01 x
環境論もさることながら、DNA.DNA!!!

垣間見るに、良いお子さんたちです…これ以上何をお望みですか?    “ 丸大ハム、丸大ハム ”
Commented by saheizi-inokori at 2008-01-27 09:11
塾なんて何の意味があるのかなあ。
学校で教わったことを6割理解してればどんな学校も合格できるといわれたのは良き時代の思い出になってしまったのでしょうか。
Commented by antsuan at 2008-01-27 09:30
・高麗山さん、有り難う御座います。 何がまともなのか分からない時代ですから、自分を信じて生涯学習を積んで欲しいと願っています。
Commented by antsuan at 2008-01-27 13:12
・佐平次さん、恩師と呼ぶに値する教師が極端に少なくなっているような気がするのです。教えることの情熱からすれば、塾の先生のほうが上かも知れません。学歴社会を壊してみてはどうかと思うこの頃です。
新渡戸稲造記念館に行った時にも感じたのですが、初期の札幌農学校の卒業生にはすごい人と云うか立派な人格者になった人が沢山います。これこそが本当の学校なんだろうなと思うのです。
Commented by asuno-kazemachi at 2008-01-27 17:46
和田中は、民間から校長を入れたところでしたっけ?
学校、塾、地域、家庭と、まるで役所のように縦割りをしてその役割を決め付けてしまう現状に、私は反対です。
相互に融合したり、補填しあったりしていけばいいのではないでしょうか。
だから、この新しい風は、世間の賛否両論とともに、現状の打開の一歩になると期待して評価しています。
Commented by syenronbenkei at 2008-01-27 22:50
塾は勉強について行けない子がいくとこだから、ようするに居残りの民間委託ってことですか?

え?違う?そんなぁ・・・。
Commented by antsuan at 2008-01-27 23:08
・そう、民間からの校長先生なんですが、危なく教育委員会の圧力で実現出来なくなるところだったんですって。私も明日の風待ちさんのおっしゃるように縦割りのやり方には反対です。しかし、未だまだ一歩しか前進していないんですよね。溜め息が出ます。

Commented by antsuan at 2008-01-27 23:08
・セイロンベンケイさん、近ごろは学校の先生に見放された子が行くところと云った方が正しいような気がします。別に今に限ったことではないけれど、教師って最後まで面倒見てくれないと思います。
Commented by rabbitfootmh at 2008-01-28 12:41
久しぶりにおじゃまします。
「15歳元服」は、数え年だろうから、13~4歳ですよね。
中卒くらいで「もう大人なんだから、自分で自分のことは責任持てよ!」って、突き放してもいいかもしれませんね。
すぐには“大人”にはなれないだろうけど、そこから20歳になる頃には、自覚くらいできるようになるかもしれません。
Commented by antsuan at 2008-01-28 13:37
・rabbitfootmhさん、お上は若者からも社会保険料を徴収しようという魂胆なんだと思うのですが、ニートとかフリーター対策にはこれが一番だと思うのです。この頃の若者には謙虚さも無くなりましたから、その意味でも社会の厳しさを早めに知らしめる事は必要でしょう。