あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

ぼちぼちと参りましょうぞ

 来年にいっぱい宿題を残して今年の仕事納めとなりました。新しい施設の展開などありましたので、まぁ前進出来た年といえます。しかし、それも目標の三割程度でしょうか。日本では目標の五割を超さないとうまくいったと言わないところが殆どですが、考えて見ると、野球では三割も打てば大打者です。来年に期待を残せただけ善と考える事にしました。

 読売新聞[編集手帳]の言葉を借りると、今年は「大事なときに本当の事を云わない人々に振り回された」一年でした。そして「作詞家、阿久悠さん(享年七十)のお別れの会で、会場に飾られた詩が忘れがたい。『夢は砕けて夢と知り/愛は破れて愛と知り/時は流れて時と知り/友は別れて友と知り・・・』。人それぞれに何かを知った年が暮れる。」と、言葉を結んでいるのですが、文化も消滅してこそその価値を知るのでしょうか。

 いや、文化こそは時空を超える伝統という歴史の繋がりがあってこそ、価値を知る事が出来るものだと思うのです。一人ひとりの命は儚くとも、その一人ひとりの気持ちを受け継いで行く事は出来ます。だからこそ、新たな歴史を切り開く"来る年"に希望を持つ事が出来るのではないかと。
 
 そのように考えておりますので、また来年も、ぼちぼちと参りましょうぞ。
by antsuan | 2007-12-29 18:25 | 身の回り・思い出 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/6840156
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by saheizi-inokori at 2007-12-30 09:26
そうですね。ぼちぼちと。もう私は自然によたよたと、になってますが^^。
Commented by maron415 at 2007-12-30 09:44
正月に富士山拝めるかな?(たまたまテレビで言ってたので)
急発進、急停車はだんだんできなくなってきたなあと…
日本という国もそうなのかな?
よいお年を♪
Commented by antsuan at 2007-12-30 10:48
・佐平次さん、落語を聞いていると、あくせく働いている人間ほど滑稽に思えてきます。世の中、でんでんむしの歩みとちっとも変わらないようで、ボチボチでも、ヨタヨタでもちっとも遅かーない。
Commented by antsuan at 2007-12-30 10:48
・マロンママさん、冬将軍がやって来ましたね。真っ白な初富士が拝めるかも知れません。 来年も宜しくです。
Commented by hanaco at 2007-12-30 12:44 x
今日あたりから全国版の天気予報では、日本海側山形秋田あたり、
ゆきだるまマークがついているのでしょうね。
でも、雨降っていますが・・・。

真っ白な富士山、青い空。
お正月には、富士山の足元のスキー場に毎年行っていました。
懐かしい。

新年、鳥海山を拝みたいと思うのですが、きっと天気が悪くて
雲の中・・・かな。

今年はあんつあんさんに会えて、ものすごくいい年でした。
来年も、どうぞよろしくお願いします。

Commented by antsuan at 2007-12-31 00:19
・ハナコさん、こちらも十メートル以上の強い風が吹いていて海は大荒れです。スキーは北海道や東北のパウダースノーで滑ったら外には行けません。
ほんと、うまく会えてこちらもとても嬉しかったです。
こちらこそ宜しくお願いします。よいお年をお迎え下さい。
Commented by anthonberg at 2007-12-31 05:00
仕事納めお疲れさまでした。31日は自宅の大掃除ですか?これも大仕事ですよね。
こっちでは正月はほとんど予定もなく、ただ花火を見る程度で2日から平常だしもうエネルギーは使い果たしました。ただ寝ます。(笑)
来年は奥様へお花を送るんでしたっけ?(笑)
良いお年を、そしてお正月休みに疲れを取って下さいね!
Commented by antsuan at 2007-12-31 20:11
・正月、人それぞれですね。
anthonbergさん、また来年も宜しくお付き合い下さい。