あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

三冊の月刊誌

 よせばいいのに、月刊誌を一遍に三冊も買ってしまった。この師走の忙しい時に読み切れるはずも無いとは思ったのだが、珍しく藤沢まで出る用事があったので、大船駅で乗り換える途中に、駅中の本屋で一冊を買い、ついでにタイトルにつられてもう一冊、もう一冊と手に持ってしまった。
 
d0001610_2311282.jpg

 今日は雨戸を開けると、朝露の濡れた庭に日差しが差し込み、清々しい一日の始まりを身体一杯に感じることが出来た。そして、いつものように仏壇と神棚に手を合わせそそくさと家を出た。
d0001610_23111656.jpg

 藤沢の用事と言うのは、毎年毎年同じことをしているのだが、年末の資金繰りのために銀行へ頭を下げに行くのだ。世間の言う自転車操業と言うヤツだが、今年は去年よりかはそれほど苦しまずに済みそうだ。そんな気持ちの余裕が、朝日を浴びる時の気持ちにも表れているのかも知れない。
 
 とはいえ、余裕を持って年を越せるのは本当に久しぶりのことだ。それにしても世の中の墜落ぶりには怒りを覚える。真面目にやっているものがどれだけ理不尽な待遇を受けているか、本当に腹立たしいが、結局は一人ひとりがしっかりした気持ちでやって行く他はないのだろうと思う。
 
 またやって来る来年に向かって自分を叱咤激励するのも年々しんどくなってきたけれども、まだそれをやめるわけには行かない。その怒りのエネルギーを推進力にするためにも、三冊の月刊誌は十分な燃料になることだろう。
 
d0001610_23103877.jpg

by antsuan | 2007-12-12 23:14 | 身の回り・思い出 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/6726184
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by syenronbenkei at 2007-12-13 23:09
中央公論は図書館にあるので時々ページをめくります。
ボイスは県立図書館にあるんですが、あんまり行かないので・・・。
文藝春秋は図書館にないので、、、って、ホントに本も雑誌も買わない僕です。

雑誌って火をおこすにはいいですよね。
三冊もあればきっとメラメラと(笑)
Commented by antsuan at 2007-12-14 19:06
・残念、こちらでももはや焚き火は禁止されているのです。
多分、昼寝の枕代わりに良いかと思っています。(笑)