あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

窓拭き


 師走の日曜日、正月に備えて窓拭きをしました。戦前に建てられた家ですので、当時のままのガラスは波をうっています。新しいガラスは、大体が子供たちが庭でボール遊びをしていて割ったために入れ替えたものです。もっとも、私が小さい時もここでボール遊びをしていましたので、犯人は特定出来ませんが・・。
d0001610_14413140.jpg

by antsuan | 2007-12-02 14:43 | 身の回り・思い出 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/6666433
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 高麗山 at 2007-12-02 18:38 x
その波打つガラス、貴重品ですよ!
今では、北朝鮮の一部の工場でしか生産できないそうです。。。
Commented by antsuan at 2007-12-02 19:35
・いまの人たちは、ガラスは透明なのが当たり前に思っているようですが、本当は技術革新の賜物なんですね。北朝鮮は国そのものが世界遺産になりそうですね。
Commented by syenronbenkei at 2007-12-02 21:24
えーと、ガラスは透明なのが当たり前に思っている一人です。
だもんで、ガラスが波打つってのがわかりません。
平板じゃないってことですか?
それとも表面処理が悪くてそんな風に反射するってことですか?
で、そんなガラスでも台風が乗り切れるんですか?
ちょっと羨ましかったりしてます。

そんなことより、今からガラス拭いたら年末にはまた汚れるでしょ!
Commented by molamola-manbow at 2007-12-03 00:48
美しい!
こどもには単調で嫌な仕事ですけど、ここまで磨いてくれれば、何も言うことありませんね~。
磨きぬいたガラスの輝き、いまのバーテンさんの出すグラスには、往時の輝きがありません。
窓ガラスから、とんだ方向に・・・・・。
Commented by saheizi-inokori at 2007-12-03 10:47
ソーダガラスとかいうのはそれでしたか?
Commented by antsuan at 2007-12-03 14:04
・詳しく云うと、板ガラスなのに屈折率が違っていて、向うの景色が波をうっているように見えるのです。板の厚さが均一ではないのだと思います。
セイロンベンケイさん、台風の時には雨戸を閉めます。ガタピシいう雨戸ですが・・。外れることもあり。(^_^;
いいの、いいの。カミさんがそれで満足すれば。
Commented by antsuan at 2007-12-03 14:07
・長男と次男は全然手伝ってくれません。末っ子だけ!
マンボーさん、それはレストランに行っても同じことを感じます。フルコースで注文しても最初に出されたグラスがピカピカでなかったら一辺で食欲がなくなります。
Commented by antsuan at 2007-12-03 14:07
・佐平次さん、今の製法はどういうのだか分かりませんが、多分ソーダと思います。(ノ>。☆)ノ
Commented by hanaco at 2007-12-03 22:14 x
私も、窓拭きしなくちゃ・・・・・。
関東は、これから晴天の冬が続くんですよね。
窓ガラス、ピカピカでないとね~。

こちらは、毎日、雨、雪・・・・。寒くて窓拭きは
11月までに・・・・!といつも思っています。

でも、まだ終わってないところがあるんですよねー。
うう~ん、寒いです!
Commented by antsuan at 2007-12-04 07:56
・ハナコさん、お早う御座います。あっという間に寒くなりましたね。こちらも吐く息が真っ白です。
ぴっかぴかの窓ガラスはやっぱり気持ちが良いですね。