あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

チョッキ

 めっきり寒くなりました。なかなか布団から出られずぐずぐずしていたのですが、青空が出て来たところで雨戸を開け、遅い一日の始まりです。もちろん子供たちはパワーを全開にして遊んでいます。私といえば、縁側で日向ぼっこのつもりが、先に庭で日向ぼっこをしている野良猫どもを追い払ったついでに庭木に水をやることにしました。
d0001610_21545217.jpg

 この私が着ているチョッキは秋田の祖父が着ていたものです。祖父はこのチョッキを着てよく秋田犬を連れて散歩をしていました。この折り返しが着いているチョッキが珍しく、形見としていただき愛用しているのですが、ある時横浜の野毛の飲み屋にこれを来て行ったところ、昔の洋服には何でもかえしがついていたと教えてもらいました。そういえば祖父は呉服屋もやっていたので、本格的なチョッキを編ませたのでしょう。何しろ西陣の帯の生地でネクタイを作らせたりしていましたから。
d0001610_21543536.jpg

 はしゃぎまくっている子供たちがこれを着ることはないと思いますが、たとえボロボロになってもこれを来て歩き回るつもりでいます。
by antsuan | 2007-11-23 21:58 | 身の回り・思い出 | Comments(16)
Commented by saheizi-inokori at 2007-11-23 23:24
なかなかいい風合いです。お似合い。
チョッキといってしまうのですよね、お互い。
Commented by maron415 at 2007-11-23 23:31
チョッキという言葉が懐かしいですね。いつからだろう、ベストと言い出したのは?昔の洋服は、一生もの(このチョッキは代々ものですね。)だったためか、縫製も全然今と違いますね。
毛糸ものなんて、ほどいて編みなおしていたなあと…
Commented by syenronbenkei at 2007-11-23 23:55
皆さん書いてますが、「チョッキ」って言わなくなりましたよね。
でも、僕も「ベスト」より「チョッキ」の方がイメージできます。
「ベスト」って言うとすーつのそれで、「チョッキ」って言うとセーターのそれ。

母さんが夜なべをしてって歌がありますが、母親が編んでくれたもの、それも古い編み物をほどいて、ヤカンの湯気でのばした毛糸でなんて思い出を持ってるのは僕らくらいまででしょうね。今の四十代前半はどうでしょう?
懐かしいな。

ところで、折り返しってなんですか?
Commented by antsuan at 2007-11-24 08:03
・佐平次さん、愛着のあるものは呼び方も変えたくありません。編み方といい色合いといい、まったく飽きが来ないし、何よりもまして祖父の歳に近づいたことがますます親しみを持って着るようになりました。
Commented by antsuan at 2007-11-24 08:03
・マロンママさん、昔は着るものはほとんど代々引き継いでいたように思います。そうそう、子供の頃よく両手を出して母がほどいた毛糸を束ねる手伝いをしました。
Commented by antsuan at 2007-11-24 08:06
・セイロンベンケイさん、毛糸のものはやっぱりチョッキといってしまいます。うまくおくり出すように両手に糸を巻く手伝いをしたのは遠い昔になってしまいました。
すそのところのタックのことなんですが、確かチョッキはほとんどストレートでこのように"かえし"のあるものを見かけたことは無いのです。フーテンの寅さんの胴巻きみたいな感じです。(笑)
Commented by hisako-baaba at 2007-11-24 09:24
胸ポケットのあるごく普通のスタイルと思ったら、返しがついているチョッキですか。
昔のものは長く使えて良いですね。使い捨ての流行は何とかなりませんかね。買い換えたほうが安い時代、修理や編みなおしはしなくなりまし
た。
お子さんたち可愛い事!茶の間の堀炬燵はとっても大きくて、畳をこんな風に切り取る炬燵は初めて見ました。大抵は半畳の炬燵でしたから。畳屋さん苦労したでしょうね。
Commented by antsuan at 2007-11-24 10:51
・hisako-baabaさん、ほんと"お古"をいただいて喜んだ昔が懐かしいです。
こんなやんちゃな子供たちですから家の中はボロボロ。廊下も相当痛んでいるのですが、そこは後回しです。今の畳屋さんは出張してくるのではなくて、畳をトラックで持ち帰り、店で直してくるのですね。炬燵まわりの部分はやはり二日かかったようです。
Commented by anthonberg at 2007-11-24 18:31
わ〜!チョッキ!皆さんも言っているけれど、本当に使わなくなった言葉ですね。でも私の親世代はまだまだ普通に使っています。高齢者さん達のお世話をしていると『ベスト着ますか?』と聞いても通じないので『チョッキ』を使っていました。今の20代の子達は知らない人多かったような?毛糸ものだとチョッキなんですか?その違いがイマイチ私もわかっていなかったりして。(^^;;;
Commented by antsuan at 2007-11-25 07:20
・anthonbergさん、どうしてチョッキっていう言い方がすたれてしまったのでしょう。セーターとカーディガンの違いもよくわかんないし・・。
この頃はデザートといわずスイーツとか云うらしい。日本に居て日本語が通じなくなってしまいそうです。(笑)
Commented by anthonberg at 2007-11-25 17:45
わはは!確かに日本語がどんどん変わっていくのでわからなくなりますね。でもデザートもスイーツも日本語ではないけど。(笑)そういう和製英語が増えていくんですよね。
セーターは丸首の毛糸の服でカーディガンは前開きボタン付きのものですよ。
Commented by 韓国通 at 2007-11-26 02:32 x
チョッキは韓国語です。現在の辞書にも出ています。男性の民族服の上着、まさにベストを指す普通名詞です。それが日本語に入っていたんですね。
Commented by antsuan at 2007-11-26 09:43
・カーディガンは庭(ガーデン)で着るガウンだと思っていました。(苦笑)
anthonbergさん、昔は着るものの種類がそんなになかったのに、だんだん豊かになっておしゃれになった証拠ですね。
Commented by antsuan at 2007-11-26 09:44
・なるほど、韓国通さん有り難う御座います。茶室だって韓国の離れの造りと同じだといいますから、もっとほかにもいろんな韓国語が入ってきているはずですよね。日本の西洋かぶれには困ったものです。
Commented by hana-abe at 2007-11-30 23:57
遅れてきたコメントです。
いいチョッキですねー!胸のポケットとか、しゃれてますね~。
チョッキつながりで、おもしろい絵本を思い出したので、自分のブログで紹介しています。勝手ながら、こちらの記事をリンクさせてもらいましたー!事後報告まで。すみませーん。
Commented by antsuan at 2007-12-01 10:09

・ハーイ! もう師走、こちらが晴れだからそちらは雪でしょうか。チョッキよりも徳利のセーターがほしい季節になりました。
ハナコさん、いつも読んで下さって有り難う。