あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

医療機器のお値段

 最近の医療機器は自動車と同じであらゆるところにコンピュータが導入されて、吃驚する程性能が良くなってきています。しかしその分、利用する側が自分で修理することは不可能に近く、保守点検をそのメーカーと契約しないと、何かあったときにはエラク高い法外と思われるような修理代を取られることになります。

 しかし、この保守契約も善し悪しで、外資系のメーカーでは機器本体は安くとも保守料のほうが目茶苦茶高いことのほうが多くて、まるで防衛省の武器購入問題とそっくりです。

 実はこの度、外資系のCTスキャナーが古くなったので新しい国内メーカーのCTスキャナーに買い替えることにしたのですが、今までの装置についているエックス線管球をレンタル形式の保守管理契約にしていたところ、その契約解除に当たって法外な解約精算金を要求されて吃驚してしまいました。

 その借りているエックス線管球の値段は七百七十万円もして、解約する場合は使い切っていない分を払わないといけない契約になっているのでした。その解約精算額というのが、今回は四百六十万円もするのです。つまりレンタカーで云うと、レンタカーを独占的に使用していたので、返す場合はその車の購入費用の残金を払わなくてはいけないというのと同じような契約になっていたわけです。

 はっきり言って契約時にそのような説明を受けた覚えは無く、清算金の請求に対しては拒否しましたが、しかし、本当に外資系の業者は汚い契約をするものです。もう凝りごりです。
by antsuan | 2007-11-22 23:53 | 文学・教育・科学・医療 | Comments(6)
Commented by saheizi-inokori at 2007-11-23 08:17
レンタルというと契約しやすいようで実は購入と変わらない。
むしろ介在する商社とかいろいろにマージンをとられるだけ割高になっているのかもしれませんね。
患者としては随分高い医療費を払い、しかも待ち続けてやっと診察してもらっているからなんで病院が赤字なのかと考えてしまうけれど、こういう設備投資が結構大変なのですね。
Commented by antsuan at 2007-11-23 10:40
・確かに一頃より蚊は医療機器の値段は下がってきていますが、相変わらず薬事法による認可が必要ですので、電話機やパソコンのように劇的に安くなることは無いでしょうから医療費が安くなることも無理です。郵政民営化の次は国公立病院の民営化が必要と思っています。
Commented by syenronbenkei at 2007-11-23 14:27
エックス線管球って言われてもプロジェクターのランプしか想像できなかったのでググってみたのですが、想像の域を超えています(笑)
で、金額の桁も想像の域を超えています。
あんつぁんさんの仕事の桁も想像の域を超えています。
でも、エックス線管球が数百万をもするっていうのは、一般人も知るべきことなのかもと思わされました。
Commented by antsuan at 2007-11-23 22:04
・プロジェクターのランプも高いですよね。セイロンベンケイさん、確かに高性能の心臓部の部品なんですが、やはり一桁違うだろうと思ってしまいますよね。ようやく五年ぐらいは持つようになりましたが、つい最近までは一二年でダメになっていましたからほとんど採算とれない機器なんです。
Commented by anthonberg at 2007-11-24 18:28
なんというか…。それは日本国内のメーカーだったらそんな事はないのでしょうか?海外ものだから?でもどっちにしろレンタルって考えたら損する可能性もない事もない、気分ですね。
Commented by antsuan at 2007-11-25 07:15
・anthonbergさん、国内メーカーのCTもX線管球は輸入しています。しかしそんなに吹っ掛けることはしません。そうなんです、レンタルっていう言い方がくせ者なんですょ。