あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

給与計算をして思うこと

 毎月二十五日前になると従業員の給料を計算しています。もちろん、働いてくれて有り難う、これっぽっちで済みませんと思いながら、いや、思うようにしながら、パソコンの給与計算ソフトに入力しているのですが、今月は社会保険料の変更があり、それを設定し直してからの入力なので、結構気を遣いました。今年の春には労働保険の料率変更もあって、また年末には毎年源泉徴収の調整があり、コンピューターソフトが無ければ本当に大変な作業です。

 そしてつくづく思うことは、社会保険料や税金の源泉徴収、つまり天引きがなければ、どんなにか給与計算が楽になるだろうということです。日本の民間企業は税吏官の代わりをやらされ、社会保険庁の役人の代わりをやらされ労働省の役人の代わりをやらされているのです。ついでに市民税の徴収もしていますから市の職員の代わりもしているのです。

 民間企業がこんなにも役人の代わりをやらされて大変な思いをしているのに、社会保険庁や厚生労働省、国公立の公務員は気楽なものです。徴収に不備があっても何の責任もとらない。申告する側に責任を押し付けて知らん顔です。そしてまた、申告する者は本来であれば市民個人であるのに、企業がそれを肩代わりし、責任まで企業が負わされるのです。なんか、間違っちゃいませんか。いや絶対におかしいと思わなくてはいけません。

 本当の民主主義であれば、税や社会保険料に関する申告は個人でやり、個人が責任を持つべきものです。そして国や地方自治体には直接に納付していただく責務があるはずです。もし、民間企業にやらせるのであれば、銀行が振込手数料をもらうように民間企業に手数料を払わなくちゃいけません。それが道理と言うものです。

 しかし逆の見方をすれば、このように国や市町村の仕事を民間企業がやっているのです。東インド会社や南満州鉄道株式会社のように、民間の企業が国の肩代わりも出来ると云うことでもあります。理想の資本主義は満鉄のように企業が国家を運営することなのかも知れません。その先には無税国家が見えてくると言っても過言ではないでしょう。昨今の行政府の腐敗ぶりを見ていると、社会福祉や教育、その他の公共事業を国家にやらせる必要はないと考えるのです。
by antsuan | 2007-10-23 21:57 | 政治・経済 | Comments(10)
Commented by maron415 at 2007-10-23 22:29
<税や社会保険料に関する申告は個人でやり、個人が責任を持つべきものです。>に賛成です。そうすれば、国民も税についてもっと考えるかと思います。で、個人に任せられないような税の仕組みは作るべきではないと思います。
と言っても、以前は全然知らなかったですがね。知らないうちに引かれてる~という感じでした。
でも、この仕組みを最初に考えた人はある意味すごいな。
Commented by rabbitfootmh at 2007-10-23 23:49
昔、給与事務をやってました(^_^)
今のように便利なソフトは無くて、ようやく振り込み銀行に社員の基本データが入ったくらいのレベルだったので、変更項目があると変更申請用紙に一人分ずつ手書きで・・・。
年度始めは、市民税の徴収額の通知書を、給与明細といっしょに一人一人封入したり、あのテマヒマはすごいもんですよ。
年末調整は、女性係長が一人で社員数百人分のデータを、2カ月近くかけて確認、申告してましたよ。社員の出入りや、扶養家族の変更があれば、社会保険事務所へも行きました。
国民の個々人に申告をさせるなら、税体系や社会保険のシステムを、もっとすっきりとシンプルにしてもらわないと、めんどくさがりの私はやりたくないです(苦笑)
Commented by saheizi-inokori at 2007-10-24 08:19
裁判員制度が導入される。
徴税員制度はどんなもんでしょうかな。
Commented by antsuan at 2007-10-24 11:40
・マロンママさん、日本はここから直さないといけないと思います。市民一人ひとりが責任を持たないで、政治家に責任を持てと言っても無理なのです。特に民主主義国家では。
Commented by antsuan at 2007-10-24 11:40
・rabbitfootmhさん、国民個人が税体系や社会保険のシステムの大変さに気が付くことが大切です。何と言っても自分のお金なんですから無駄に使って欲しくないと切実に思うことでしょう。
Commented by antsuan at 2007-10-24 11:40
・佐平次さん、それって税理士が反対しますよ。というか税理士制度がそれに当てはまると思うのですが、如何せん税制度が複雑すぎますね。どうしてこんなに税金が必要なのか私には分かりません。給与計算をしているとつくづくそう思うのです。
Commented by 自民党代理 at 2007-10-24 14:01 x
皆さんの仰有る事に、自民党は大賛成です。
ですから「消費税一本で行きましょう」

そうなると何うなるかは、皆さんが計算して下さい。
Commented by antsuan at 2007-10-24 14:27
・私は無税国家主義者なんです。五パーセントの消費税で充分でしょうよ。
自民党代理さん、ライフログに載せてある、「増税無用論 行革なき増税は国を亡ぼす」「日本が自滅する日—官制経済体制が国民のお金を食い尽くす」をお読み下さいな。
Commented by syenronbenkei at 2007-10-24 20:41
ところどころ僕とは相容れない表現がありますが(笑)
基本的には賛成です。
僕は教会会計なので牧師の給料を払う立場で、ですので雇用者側の大変さも少しはわかるつもりです。
その上で思うんですが、飼い慣らされちゃってる勤め人にも問題意識を持ってほしいところです。
俺たちは税金を引かれるばっかりでと文句言うなら、納める立場に回る努力をすべきと思います。
国の制度も大事なことと思うのですが、公務員に限らず、いわゆる勤め人全般甘ったれていませんか?というのが僕の正直な気持ちです。
Commented by antsuan at 2007-10-25 07:52
・>公務員に限らず、いわゆる勤め人全般甘ったれていませんか
セイロンベンケイさん、私の言いたいところもそこなんです。サラリーマンでなく独り事業主になれと、個人タクシーみたいに個人企業であるべきなんです。源泉徴収制度は民主主義を歪めていると思うのです。