あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

国民に嘘をつく軍隊はテロリスト以下です

 補給艦の航海日誌を廃棄 インド洋での補給時期
日誌を廃棄したことについて防衛省側は「規則違反だが、情報公開法などの法令違反には当たらない」との認識を示した。
                     産経ニュース
   
 海自補給艦の航海日誌を廃棄 防衛省「誤って」と説明
          [ 10月16日 13時20分 ] 共同通信

 文書管理体制を総点検=航海日誌「不手際」受け
石破防衛相 海自補給艦「ときわ」の2003年2月の航海日誌をめぐり、野党側は情報開示を求めていたが、防衛省は当初「廃棄した」と説明した。しかし、同省は一転して今月10日の衆院予算委員会理事会に日誌を提出。石破氏は同日の委員会で「隠ぺいは一切ない。文書管理の徹底が不十分だったことはおわびする」と陳謝した。 
                     時事通信
            ★    ★    ★


 新聞社や放送局などの大報道機関は、体制寄りの昔の大本営発表と殆ど変わらないことを、国民はよく理解しておくべきでしょう。本来は「隠ぺい工作」という見出しを付けて報道すべき、国民を侮る重大な事件なのです。これを放置しておくといずれ国民が大きなツケを払わされることになります。

 何故、補給艦「とわだ」の航海日誌を隠す必要があったか。それは当然知られてはまずいことが記録に残っていたと容易に察しがつきます。では、そのマズイこととは何か。この問題を世に知らしめた「ピースデポ」という市民団体作成の「給油地点近くの拡大図」によると、インド洋というには相応しくない、アラビア海のオマーン湾に補給艦「ときわ」は居たことが分かっていて、日誌を廃棄した期間の補給艦はペルシャ湾内で活動していた可能性があります。

 国民に嘘をつく軍隊こそテロリストというべきでありましょう。
by antsuan | 2007-10-17 10:17 | 政治・経済 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/6388752
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by maron415 at 2007-10-17 14:31
<今年7月に「誤って破棄」されていた。>
本当に7月に破棄されていたかという疑問が浮き上がるんですが…
つまり、破棄したことにしておこうってね。
こういうのを「テロリスト」っていうのね…
Commented by antsuan at 2007-10-17 17:58
・テロリストで国家が滅亡するのではなく、こうした嘘つきによって国家は滅亡してしまうのです。