あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

自衛隊も無能力者集団だった

    インド洋補給艦の航泊日誌、保存期間中に一部破棄
 防衛省は16日午前の民主党外務防衛部門会議で、テロ対策特別措置法に基づきインド洋で給油活動を行っていた海上自衛隊の補給艦「とわだ」の航泊日誌の一部を、文書保存期間が過ぎていないにもかかわらず、今年7月に破棄していたことを報告した。

 破棄していたのは2003年7〜11月の5か月分。防衛省側は「誤って破棄した」と説明した。

 民主党議員が「法律違反ではないか。関係者の処分は行うのか」とただしたのに対し、防衛省側は「文書保存期間を定めた内部規則に反しているが、法律違反ではない。処分は、現在、経緯を調査しており、結果を待ちたい」と述べるにとどめた。

(2007年10月16日13時39分 読売新聞)

           ★     ★     ★


 航海日誌を誤って破棄するような無能力者が居る軍隊など海外に派遣したら、それこそ国際的に恥をさらすだけでしょうに。取り合えず、伴走していた護衛艦の航海日誌を提出させましょう。本当はインド洋ではなくペルシャ湾に居たかも知れない。

 もう一つの疑惑は、補給するべき燃料を何処で調達したかです。四ヶ月も戻ってこないと云うことは、日本で調達した筈はありません。一番近いところは何処か?ペルシャ湾岸の国ではないでしょうか。さらに何処の会社の油をいくらで購入したかも追求せねばなりませぬ。多分、米国のメジャーの油を高値で買っているんじゃないでしょうか。

 小沢民主党代表がどんなにワルでも、民主党がどんなに政権担当能力がなくても、一度は自民党政権を退陣させなければ、こういう腐敗は是正されないでしょう。
by antsuan | 2007-10-16 23:01 | 政治・経済 | Comments(4)
Commented by maron415 at 2007-10-17 09:24
<保存期間中に一部破棄>
それが本当ならば、確かに、処罰ものですね。
ピンクの字の疑惑は、聞いたか読んだかした記憶があります。
あくどい商売だなあと…
で、そこまでして、イラク戦争したかったのは、やっぱり石油がらみなのかな?なんかのかげんであちらのほうで石油がとれなくなるか、石油にかわるものが開発されたりしたら、米さん見向きもしなくなるのかな?

Commented by antsuan at 2007-10-17 12:25
・米国はドル本位制というよりも石油本位制といった方が正しい国です。それはアラブも同じですし、今はロシアもその仲間入りをしました。そして石油依存を止めようとする国を邪魔して石油を使わせようとするのです。石油で世界を牛耳ろうとしているのが米国なのです。そういう国と同盟関係を結んでいて良い訳がありませんよね。日本は燃料としての石油依存はとっくに30%を切っていて、石油をストップされても怖くはありません。しかし、発展途上国は死活問題です。
Commented by syenronbenkei at 2007-10-17 22:52
この際日本はロシアと仲良くして、ロシアから石油を分けてもらうと。
したら北朝鮮との関係も今よりうまくいくかも。
なんてしょーもないこと思ったりしますが、どこかと仲良くしなければ存続できない国家を国家と呼んでいいんでしょうかね。
Commented by antsuan at 2007-10-18 08:08
・セイロンベンケイさん、そこが本質ですね。私は軍隊が必要な社会を国家と言うのじゃないかと考えています。つまり自主独立を維持するにはそれが必要悪なのだと。