あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

映画「我が青春に悔いなし」

 期待していた政治家のタウンミーティングで肩透かしに会った失望感なのでしょうか、それとも海に出れない悔しさでしょうか、十一月下旬の寒さとなった九月末日の日曜日、カーテン越しにこぬか雨で濡れた路面を覗きながら、心の中の欲求不満が解消されないまま、午前中いっぱい、家の中でごろごろしていました。

 昔だったらテレビでも観て暇を潰すところなのですが。子供が勉強しないためにテレビの配線を外してあります。しかし、子供たちはそのテレビをゲーム機のモニターとして返って独占してしまっているので、観たいビデオを見ることも出来なくなりました。とは云うものの、我がiMacG5は二十インチモニターの大画面。レンタルビデオは殆どDVD化していることもあって、ゆっくりビデオを観賞出来る環境は整っています。

 そこで借りてきたビデオが「椿三十郎」と「我が青春に悔いなし」、「二十四の瞳」に「楢山節考」の四作品、前二作は黒沢明監督のもので、残りは木下恵介監督の作品です。九歳になったばかりの三男と一緒に、まずは「椿三十郎」を観ました。続けて、今まで一度も観たことのない「我が青春に悔いなし」を観ました。

 黒沢明監督初期の作品ともいえる「我が青春に悔いなし」は、最初の方は石坂洋次郎の小説のような展開だったのが、後半になると、戦中の厳しい思想の偏見に耐えながらも死んだ良人の信念を信じ生きて行く様を、原節子が見事に演じきっていて、さすが社会派の黒沢らしい作品でした。

 米国映画「カサブランカ」が恋愛をからませた戦意高揚の映画であるならば、この「我が青春に悔いなし」は恋愛をからませた「思想の自由の戦い」高揚の映画と云えましょう。丁度、母が青春を過ごした時代の作品なので、前半は母を見るような思いで観賞していました。
by antsuan | 2007-10-01 12:26 | 思想・瞑想・時代考証 | Comments(6)
Commented by miki3998 at 2007-10-01 23:28
お母様おきれいなかたでしたものね。(以前お写真で・・・)

 石坂洋次郎、好きでした。小学6年生の時、片っぱしから読みあさりました。 文集に尊敬できる人の一人で紹介したら、先生に?な顔をされましたが・・・。(笑)

  「 わが青春に悔いなし 」だけ見てません。 楢山節考は坂本スミ子がおかあさんでしたね。 歯を全部抜いて役に徹したと聞いたことがあります。 9歳の坊ちゃんから見た渋い映画の感想は?
Commented by anthonberg at 2007-10-02 01:06
黒澤作品、あんまり観てないんですよ。10代の私はまだミーハーだったので黒澤監督よりも大島監督派でして…まぁそれ以前に日本の映画を観てないんですよ。(>_<)
カサブランカは最高ですね。私の母が大好きですが、高校時代の英語の先生(男性)がカサブランカが好きで、勧められてそこから洋画中心になりました。
Commented by antsuan at 2007-10-02 08:15
・mikiさん、映画に出てくる建物風景全てが私の幼少の原風景だったように思います。当たり前と云えば当たり前なんですが、やはりすごく懐かしく感じました。
石坂洋次郎は山本周五郎と共に私の青春の礎でした。都会に出て来てからも故里の暖かさを失うことなく活きて来れたのはこの二人の影響を無視出来ません。
三男も私もまだ黒沢の映画しか観ていないのですが、何しろ弁士付きですから、楽しんで観ていましたよ。(笑)
Commented by antsuan at 2007-10-02 08:16
・私も洋画中心の青春でした。anthonbergさんのお母様とのほうが私は歳が近い筈ですよね。日本映画も昔のは結構良いのがたくさんあります。大島監督はいかにも新進ぽくて着いて行けませんでした。そちらでビデオを借りると吹き替えになっているんですか?
Commented by anthonberg at 2007-10-03 14:47
いやーん、あんつぁん!私の母の方に近いなんて絶対ありえませーん!私は結構いい年なんですよ。(笑)(^^;;;
大島作品、結構クセありますからねー。当時は"戦メリ"大ヒットだったのでそこからハマって過去の作品に辿りました。
デンではレンタルものもTVものも全部デン語字幕です!でもドイツは映画館もTVも吹き替え。本人の声が聞きたかったらDVD買うしかないみたいですよ。
デンマークにいてもTVから聞こえるのは英語音声ばかりです。だからみんな英語が普通に出来るんですよね。私の町ではドイツ語も普通に聞こえるのでみんなドイツ語出来ます。勉強してやっと言葉を覚えている私って一体…。(^^;;;
Commented by antsuan at 2007-10-03 18:53
・いやいやanthonbergさん、映画に関する年の差は絶対的にお母様の方に近いって言わせていただきます。(笑) デンマークではもともと識字率が高いのか、はたまた多国籍の民族が多いのか、ドイツと違うと云うのが興味深いです。