あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

右左あんつぁんの小沢代表的こころ

 小泉前首相に何も相談をしようとしなかった時点で、アベちゃんの命運は決まっていましたね。さてさて民主党の小沢代表はどうでるか。まずは誰が自民党の総裁になるか様子見なんでしょうが、着々と戦略を練っていることでしょう。

 いろんな場合が想定されるのですが、小泉さんが出てきたらこれは連立しかない。何故ならば自民党をぶっ壊すことに何の恐怖も抱いていない相手ですから、また小泉さんに解散総選挙をやられたら民主党は絶対に勝ち目がないことぐらい読めているはずです。その場合は小沢総理大臣、小泉副総理で決まりだと思います。

 もともと小沢さんは自民党に復党したがっている隠れ自民党員とみていいと思います。ですから、多分、誰が総裁になっても自民党と民主党の連立の線が一番濃いと考えます。しかし、小泉さんとしては安倍総理に土下座でもされない限り出てこないと思います。自民党内に敵がいっぱい居ますからね。となると、火中の栗を拾うのは武部元幹事長辺りでしょうか。問題はこの二人以外に自民党をぶっ壊しても良いと腹を括れる人材がいるかどうかです。そういう度胸のない人物が総裁になっても政局は安定しないでしょう。
 
 では、小沢さんは自民党抜きで単独で政権をとる気があるでしょうか。あるかも知れません。政権をとってダメだったら解散総選挙をやればいいんですから、そんなことを怖がる人では無いのですが、正直なところ、彼が本気で二大政党を目指しているとは思えないのです。
by antsuan | 2007-09-12 16:26 | 政治・経済 | Comments(0)