あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

補助金の不正受給はあたりまえの世界


 新任したばかりなのに農水相辞任の原因となった、農業共済組合の補助金不正受給問題ですが、こういうときでないと殆ど闇に葬られて表に出てこなかったことだけに反面教師としての遠藤農水相に感謝したい。

 この辞任事件にはいろいろな問題が含まれている。まず第一に補助金の不正受給は日常化していること。別の事件であるが、国から助成を受けている社会福祉法人の理事長が高級車を乗り回していたり、役人のツケを立て替えてやったりしていることからも、補助金受給機関の四十パーセント以上に不正が行われているとの報道は控えめな方かも知れない。
 
 共済組合とか社会福祉法人とかは天下りのための機関でしかない。みんなNPO法人にしてしまえばいいと思う。本当に公共機関は弱い人たちを隠れ蓑にして悪いことをやりまくっている。国の財政が空っぽになる理由はここにあることを国民はしっかりと認識するべきだろう。

 もう一つは会計検査院の勧告は無視されていたことだ。民間では公認会計士の勧告を無視したら大変なことになる。これも民間企業だったら考えられないことなのだ。いかに形だけの組織をいっぱい作っているかを指摘しておきたい。

 そして最後に臭いものを抑えていたフタが役に立たなくなったことも、統治能力を失ったという意味で問題にするべきだ。閣僚の身辺調査も満足に出来ないようでは、スパイが入り込んでいてもちっともおかしくはないわけであって組織の末期症状といって差し支えないと思う。もはや安倍政権だけの問題ではなく、国家そのものが機能不全を起こしているということなのだ。
by antsuan | 2007-09-03 13:36 | 政治・経済 | Comments(6)
Commented by maron415 at 2007-09-03 16:07
県のほうもまあいいかとほうったのか、わざとしなかったのか(トップが議員だから)…本人は、県に聞いてもしてくれなかったって言っているけれど、どうかなあと思います。
今まででてこなかっただけなんだろうな。
Commented by antsuan at 2007-09-03 20:04
・天下りと補助金、官製談合はセットですからね。不正なんてちっとも思っていないはずです。金を断てば全ては解決します。
Commented by hisako-baaba at 2007-09-03 22:05
だれが一番悪いのか、他にも誰々がやっているかはどうでもいいけど、私は就任のときに「農水相だけはやりたくなかった」と思わず言ってしまうような・・・そんな人に農水大臣は任せて欲しくなかったから、辞任は賛成です。
一方「大臣になれなかった。何故だ!」と怒りまくる男も大臣にして欲しくないし・・・言って良いことと悪いことの判断が出来ない、頭の悪い大臣なんて国民には我慢ならないと思います。
Commented by antsuan at 2007-09-03 23:48
・hisako-baabaさん、大臣と云うか国会議員は、国の金(政党助成金)を使って選挙が出来るんですから政治家に相応しくない人間が選ばれても不思議でもなんともありません。戦前も普通選挙になってからは、軍が選挙費用を提供して国会議員を軍のいいなりにさせていたのです。
これもきっと税金の感覚をマヒさせる妙薬の一つなんです。
Commented by knaito57 at 2007-09-04 09:57
その通り! と気分がすっとしました。さすがによく知っていらっしゃる。私はこういう「世の中のしくみ」にうといのですが、そういう人間でも“嗅覚”や“直感”を持っているもので、いよいよ大衆の“常識”“良識”がものい社会になってきた気がします。これからもいろいろ教えてください。
Commented by antsuan at 2007-09-04 21:05
・knaito57さん、悪臭を放った安倍総理は物凄く優秀な反面教師と云っていいと思います。