あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

霞が関はベルサイユ化している


「ベルサイユ化とは、フランスのルイ十四世がパリを離れてベルサイユ宮殿を建てた。それから一〇〇年くらい経ったルイ十六世の頃になるとベルサイユ宮殿には王様と取り巻きの貴族や官僚が集まり、全国で暮らす庶民のことは全く知らなくなった。自分たちの贅を極めた生活がすべてだと思い込んでしまった。」と、堺屋太一は読売新聞紙上で述べている。

 つづけて、「東京しか知らないから地域格差は自然に生じていると思っている。でも世界の中で一九八〇年以降、首都圏の経済、文化の国全体に占める割合が高まっているのは日本だけなんです。自然に任せていたら地方分散になる。逆に言うと、日本は大変なお金と権力で東京に集中させている。これをやめさせなければいけない。それが東京にいる人たちには分かっていないんですよ。自分たちが地方分散を出来なくしているという意識がないから、役所の権限を強化してお金をばらまいてやろうという発想になる。・・・安倍さんは首相官邸主導といって有識者会議をたくさん作っているが、会議の意見はまとまらず官僚主導の答申になる。有識者会議は官僚主導の為の隠れ蓑になりやすいんです。・・・まず官僚依存をやめないといけない。・・・有能な政治家を育てていかなければなりません。」と、最後に言葉をまとめている。

 民主党は国政調査権をバンバン使うと公言している。この国政調査権というものは国会議員一人一人にあるものだと思っていましたが議会に権限があるんですね。官僚主導にならないためにも、参議院議長を野党第一党から出したことは大きな意義があります。小沢代表に内閣は脳死状態と言われてカチンと来たらしくて、アベちゃんは国会を来月上旬には開催すると言い出しました。国会は決議場ではないのです。大いに議論を白熱させていただきたい。
by antsuan | 2007-08-24 16:34 | 政治・経済 | Comments(2)
Commented by maron415 at 2007-08-24 20:58
ルイ16世の奥さん、マリーアントワネットは、「パンがなければケーキを食べれば良いじゃない。」と言ったとか…(本当に言ったかどうかは?ですが…)
昔より、交通の便よくなったのに、ますます、都会流失が止められないのは、やっぱり働くとこがないからなのかなあと思いつつ…
地方の議員だって、わが身として感じているかどうかと言ったら?だし、だから、自民党が大敗したとこもあるし…
大体、無駄なとこにばっかりお金使ってきたのかな?(使ってそうですね…)
Commented by antsuan at 2007-08-25 05:13
・無駄ばっか、バブルが弾けた何て思ってもいないんじゃないですか。民間企業は人件費も含めた徹底した経費の削減をしなければ生き残れません。
国の予算をみて松下翁は戦前の十倍以上経費の無駄があると云っていました。しかもその戦前の予算と云うのは半分は軍事費だったんですから、いかに無駄遣いをしているか。