あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

遭遇、「エンデバー号」

 七十年前のアメリカズ・カッブ挑戦艇が日本に浮かんでいるとmolamola-manbowさんが紹介して下さった「エンデバー号」を、葉山の長者ケ崎沖で発見、我が「しおかぜ」にて追跡するも、八馬力のエンジンはすぐにオーバーヒート、全く追いつく事が出来ず諦めかけました。

 しかし、朝方にこぬか雨が降っていた相模湾は次第に晴れ上がり、陸には多少の靄はかかっているけれども、くっきりと大型帆船の白い帆が再びこちらに向かっているのを確認し、再度エンジンをフルスロットルにして遭遇するコースをひた走りました。

 並行して走れたのはホンの一分もあったのでしょうか。必死にレンズ付き携帯のシャッターを押しておりました。(写真をクリックすると拡大されます)
d0001610_2150558.jpg

d0001610_9192847.jpg

d0001610_2150242.jpg

d0001610_21504041.jpg

d0001610_2150579.jpg

d0001610_21511543.jpg

 後にアメリカズ・カップ優勝艇の名スキッパーとなるラッセル・クーツと握手し、アメリカズ・カップを初めてアメリカから奪い取ったオーストラリアの名艇をフリーマントルまで見に行っだけで十分幸せなのに、今再びアメリカスカッブの名艇の帆走姿を見る事が出来るとは、何たる幸運なのか。
by antsuan | 2007-07-22 21:56 | 自然・ブルーウォーター・競技 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/5842323
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by anthonberg at 2007-07-23 00:18
海が青くてきれいですね〜。日本にいた時はヨットなど海自体も見ていなかったので写真で紹介してもらえてありがたいです。
ところでヨットはご自身のですか?ハーバーにおいてるのですよね?デンマークって家の庭に置いている人も一杯いるんですよ。どうやって運ぶのか良くわからないけど。(^^;;;
Commented by molamola-manbow at 2007-07-23 02:08
チクショウ!と叫びたくほどantuanさんがうらやましい。フルセールの帆走じゃないですか!
相模湾にまだ居たとは気付きませんでした。
仙台の辺りかと・・・・・。台風の影響なのでしょう。もう一度予定を調べ直さなくては。
船足、速いそうですね~、クルーザーのエンジンでは追いつかないと。
Commented by antsuan at 2007-07-23 07:20
・anthonbergさん、湘南近辺のハーバーは係留費がめっちゃ高くて、残念ながら我が愛艇は逗子市の汚水処理場の沖に青空係留しております。台風の時には近くのハーバーに避難するのですが、それだけでもかなりの費用になります。('_;) ヨットを運ぶトレーラーは外国では電線が張り巡らされていないのでよく見かける光景だと思います。日本では港や海岸の規制が厳しくてあまり普及していませんね。
Commented by antsuan at 2007-07-23 07:20
・幸運でした。マンボーさんのブログを思い出した時には胸が高鳴りました。はしゃぎましたねぇー、興奮しましたよ。貴夫人と云う言葉がぴったりの本当にうっとりする艇です。
Commented by syenronbenkei at 2007-07-25 00:07
エンデバーってどこかで聞いたのに思い出せなくて、やっと。
スペースシャトルでした。あー、すっとした。
記事の興奮?と関係のない話で申し訳ないんですけど、エンジンって8馬力しかないんですか。
まあ、普段は帆走するからエンジン必要ないのかもとは思うのですが、車より大きいんでしょ?船体。
いや、ウチの草刈り機が3馬力だなぁと思って。
Commented by antsuan at 2007-07-25 09:30
・セイロンベンケイさん、そうそう、スペースシャトルの名前の方が有名ですね。
速く走ろうとすればするほど造波抵抗が大きくなるので、大馬力のエンジンを付ければ速くなるって云うものではないのです。あと燃費を考えればこの程度の馬力が最適なんでしょうね。
Commented by 海風 at 2007-08-10 16:42 x
3週続けて先々週は湘南港の前まできました帆走はとても優雅ではやかったですね私の艇も小さく写ってますがおいつけませんでした。
Commented by antsuan at 2007-08-10 19:49
・海風さん、こんばんは。
ご一緒だったとは知りませんでした。こちらも遭遇するのがやっと。カメラを持って来なかったのを悔やんでいます。しかし、アメリカスカップの船をじかに見られたのですから本当に幸せモンです。