あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

三つの坂

 人生には三つの坂があると云う、上り坂と下り坂、それともう一つが「まさか」なのだそうである。油断している訳でもないのに予想外の事が起きる事はよくあるけれども、それが権力によって嵌められた「まさか」を体験すると、人間はまわりがよく見えるようになるのだろう。後藤新平も鈴木宗男もそうだ。
 
 風邪がようやく治って、体力をつけようとしたら、まさかの「痛風」になってしまった。薬も飲んでるし、風邪で二キロも痩せたし、まさかと思って処置が遅くなってしまった。この程度の「まさか」でオロオロするようでは未だまだ修行が足りないようだ。
d0001610_19295095.jpg

by antsuan | 2007-07-08 19:30 | 身の回り・思い出 | Comments(12)
Commented by HOOP at 2007-07-08 19:35
初めてコメントさせていただきます。
どうも、食事やビールもさることながら、
脱水がよくないような気がしますね。
Commented by greenagain at 2007-07-08 19:41
「まさか」!耳の痛い話です。
家人が通風で歩くのが辛そうにしていたことがあります。写真にあるように、患部がホント、ぷく~っとふくらんでました。
健康維持のバロメーターみたいですね、通風の症状は。かえって健康管理に気を配る効用もあるようにも思えます。
ちなみに通風体験後の家人は、お酒の前に納豆と雌株を混ぜて食べています(野菜などの栄養をとってお腹を膨らませお酒の量が多くならないようする目的です)。第三のビール、焼酎、時々良いお酒。のんびり飲んでます。
お大事にどうぞ。
Commented by antsuan at 2007-07-08 19:49
・HOOPさん、はじめまして。
そうか、それには思い当たる節があります。このところ結構汗かいていますからね。水分補給ですね、まわりの人にはよく注意しているのに自分のほうはこれも「まさか」でした。
Commented by antsuan at 2007-07-08 19:49
・greenagainさん、ここしばらくビールもお酒も飲んでいないのに、どうしてなるんだろうと悩んでいました。すぐには痛みが消えないのが辛いところです。
Commented by saheizi-inokori at 2007-07-08 20:14
私も長いこと尿酸値には悩まされていますが、まだ症状はありません。かえって危ないと言う説もあるのですが。
お大事に。
Commented by mitsuki at 2007-07-08 20:26 x
下り坂ならスピードの出し過ぎに注意、上り坂ならギアをローに、という風にあらかじめ対策が取れますが、まさかはそういう訳にはいかないですね。
お大事になさってください。
Commented by anthonberg at 2007-07-09 03:45
大丈夫ですか?!通風なんて痛いでしょ?!足全体に大きさが違うように見えます。確かにすぐに痛みが消えないと思いますが、ゆっくり焦らず治して下さいね。
そういえば私が在宅介護をしていた時通風なのにビール2ℓ毎日飲んでいる人がいました。しばらくお酒を止めているとの事ですが、やっぱり飲むと痛みは治らないのでしょうか…?夏なのに、飲めないのもちょっと辛いかしら?でも水を飲むのが一番いいですよ!
Commented by antsuan at 2007-07-09 09:58
・佐平次さん、本当によい子にしていたつもりなのに何でって気持ちなのです。遺伝的体質もあるようですね。
Commented by antsuan at 2007-07-09 09:58
・本当に『まさか』の時の覚悟ってなかなか出来ないものですよね。何にも悪い事をしていないのになんて過去の事をグダグタ言っているより、手際よく対処する決断力を養わねばと思いました。
Commented by antsuan at 2007-07-09 09:58
・anthonbergさん、台所にいただいた一升瓶が置いてあるのですが、どうせならと手が出そうになりましたよ。ようやく風邪が治ったばかりというのにため息が出ます。
Commented by syenronbenkei at 2007-07-09 23:57
三つの坂、森進一のおふくろさん騒動で森が言ってて知りました(笑)
「まさか」は気づいたときにはもうまっさかさま。。。ま、、、その。

僕の方はしばらく喘息の調子がいいんです。
でも、代わりにアトピーが出ます。もういつも二者択一。

あんつぁんさんも、何か不具合が出たら別の不具合は引っ込んでくれればまだ救いですよね。
あれもこれもで悩まされませんように。
Commented by antsuan at 2007-07-10 06:40
・セイロンベンケイさん、私も病気と共存して行く覚悟が必要のようです。