あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

腹をくくったアベ総理

 ようやく梅雨の空模様になった今日は、地元選出の国会議員の会合に出席して来ました。しかし、正直いってその国会議員の所属する政党には失望しており、今度の選挙協力を依頼されても熱が入りません。多分他の政党の人を選ぶと思いますが、もちろん与党に入れるつもりはありません。

 選挙は水物ですから後一ヶ月の間に何が起こるか分かりませんが、安倍首相が投票日をずらしてでも重要法案を今国会で成立させると云う熱意は評価したいと思います。身辺を整理して選挙に臨むと云う感じがします。つまり腹をくくったのでありましょう。

 逆に野党は敵失ばかりをあげつらい、自分の基本的戦略と云うか理念が全く見えてきません。社会保険庁職員のボーナスをカットするぐらいの事を云う政党はないのでしょうか。戦術的には一週間投票日を遅らせた与党のほうが上でしょう。

 公務員全体の不祥事は与党の障害にはならないと思います。それより、現役大臣の自殺問題をうやむやに出来る事のほうが大きく、安倍首相としては国民新党の数を含めて過半数を確保出来れば、国会運営も乗り切れると判断しているに違いありません。

 どちらかと云うと、この選挙の後の再編は野党の分裂と云う軸で動くのではないかと見ています。
by antsuan | 2007-06-24 22:48 | 政治・経済 | Comments(0)