あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

弾劾裁判って知ってます?

被告の利益を侵害していなければ違法な裁判をしても良い?

検事遅刻での2回判決、違法主張の上告を棄却…最高裁(読売新聞)
 覚せい剤取締法違反の罪に問われ、1審の判決公判で検事が不在のまま懲役2年を言い渡された石川県小松市の会社員、寺田幸生被告(48)の上告審で、最高裁第2小法廷(津野修裁判長)は、寺田被告の上告を棄却する決定をした。決定は19日付。懲役2年の実刑判決が確定する。

 決定によると、1審判決は昨年8月、福井地裁で言い渡された。担当検事は遅刻して法廷にいなかったが、裁判官は気づかず、被告に判決を言い渡して閉廷。その後、書記官が検事が不在であると裁判官に指摘し、約30分後に検事も同席の上、再び公判を開いて、改めて判決を言い渡した。

 弁護側は、検事不在の判決言い渡しは違法と主張していた。津野裁判長は「1回目の言い渡しで判決公判は終了しており、2回目の言い渡しに法的な効果はない」と判断。その上で、「1回目の判決は違法だが、被告の利益を実質的に侵害するほどではない」として、上告を棄却した。

[読売新聞:2007年06月21日21時16分]


 こういう最高裁の判決は決して許されるべきものではないでしょう。この延長上には法的手続きを経ない裁判、つまりリンチが在るのです。法を無視する裁判官を許せばそれはもう法治国家では無くなる、そういう危機感を国会議員は持ってほしい。よって、このような判決を下した最高裁の裁判官を弾劾裁判にかけるべきですが、この制度が活用されないところに、救いようの無い空しさを感じます。
by antsuan | 2007-06-22 21:37 | 政治・経済 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/5665994
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。