あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

日本人の傲慢さ



 国際交流のため日本の子供たちを発展途上国に連れて行くと、現地の子供たちや、現地の状況を間違いなくバカにするという、その態度が現地の人たちに見えない訳がないと、現地に長年住んでいる日本人は嘆く。
 私はアメリカ人たちにある傲慢さを見せつけられてきた世代である。戦後の日本は強くアメリカの影響を受けてきた。その日本人の行動が、ある意味で「アメリカ人らしく」なって当然ではないか。


 養老孟司はある雑誌に「未来への責任感」という題でこう書いた。しかし続けて、

 力を持つもの、持とうとする者は、同時に高い倫理観を持たねばならない。・・・かつてはそれを武士道といった。
 自分を日本人と信ずる人たちに尋ねたい。自分の倫理観に確信があるか。世界のエリートとして、他者を率いていくという、未来への責任感がどこまであるか。


 と、傲慢になってきている日本人に警鐘を鳴らしている。

 あぁ、とうとうここまで来てしまったか。役人の傲慢さを見るにつけ気にはしていたが、これは米国のせいにするべきものでもない。歴史教科書には書いていないが、明治維新では薩長の藩閥政治により、役人も軍人も朝敵として東北の人々を蔑み差別してきた。それは朝鮮人を差別したり部落の人々を差別したりするのと全く変わらなかった。

 権力を握ると人種に限らず人々は往々にして傲慢になる。歴史ある日本人は今一度しっかりと過去を振り返り、人間たるものの当然の責務とは何かを問い直す時に来ているようだ。
by antsuan | 2007-06-11 20:18 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/5596148
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by gabefunyaa at 2007-06-11 22:09
アメリカ人の悪いところばかりを真似ている
アジアの代表であるという自覚がない・・・ほんとがっくりきます。
高校の修学旅行、
マレーシアやらシンガポール、タイ、ベトナムなどに行く学校多いのですが
「あんなところに行くのはしょうもない」とか言う生徒もいますし
日本の恥だから自粛すべきだと思います。
むしろ、白人中心のリゾート地に行って「黄色いのん」と馬鹿にされるのも
貴重な海外経験かもしれないですよねえ。
Commented by antsuan at 2007-06-12 07:17
・国際交流もいいのですが、自分と向き合う事の出来ない者はかえって傲慢になるだけでしょうね。もう一度敗戦の苦しみを味わった方が良いのかも知れません。
Commented at 2007-06-12 08:05
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by antsuan at 2007-06-12 09:02
・鍵コメさん、エキサイトブログが重たいのにコメント有り難う御座います。(笑)
どうせなら半年とか一年とかのホームステイをしてしっかりと現地の生活を見るべきなのでしょうね。修学旅行では表面しか見ることが出来ないと思います。