あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

デジタル画像診断の話

画像診断の怖い話をちょっとしてみよう。
 CTスキャナー、超音波診断装置(US)、核磁気共鳴診断装置(MRI)やCRなど、最近の医療用画像はほとんどコンピューターによるデジタル処理がされたものである。つまり、これらはデジタルカメラとPhotoshopみたいな画像処理ソフトが一緒になった装置であり、表示された画像がきれいに出てくるので、診断に最適な処理が為されていると思いがちなのだが、それは大きな間違いなのだ。実は血管を描出する方法と、臓器を表示する方法、さらに骨を映し出す方法は相当違うのであって、かなりの画像診断技術を習得した医師でないとその辺は理解すら出来ていない。
 ところが最近のマルチスライスCTスキャナーでは三次元画像までが簡単に作れるようになっているのでますます厄介なことになってきた。今までのアナログのエックス線写真は投影写真であり、いろんなものが重なった画像であることを認識して診るのが普通で、その読影技術がいるが、デジタル処理したものは必要なものだけを強調して、不要と思われるものは消してしまうことが出来ると言うか、表示しないようにしてしまうので、見たいところのすぐそばに病変があったとしても、見たいところだけが描出されて他は無視された画像が出来上がり、診断出来るわけがないのである。
 本来、そのようなことの無いように技師が最適な画像を作る努力をしているのだが、忙しい時は自動的に設定された標準的な画像しか作る暇は無いし、異常画像を見慣れていない技師にはとても最適画像と云うものを作成出来るものではない。従って、技師は未処理の生画像を数多く見て、目を肥やしていなければならないのである。
 余り怖い話を言って医療不信になられても困るので付け加えて言うと、標準的な画像診断について言えば、今までのアナログ画像より遙かに診断しやすくなっているのであって、病気の発見率は高くなっているのが事実である。
by antsuan | 2005-03-25 00:50 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/54770
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。