あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

民主主義は欠陥だらけ

 遅くなりましたが工事が終了いたしました。ご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。
          □         □         □
 新入社員の中には五月病にかかる人もいるようですが、これはとりもなおさず理想と現実の格差の悩みであって、ある意味で今流行のはしかのようなもので、ある程度免疫が出来るまでは仕方がないように思うのですが、逆にここで自分の持っていた理想を捨ててしまっては、これからの人生を何のために生きていくのか分からなくなります。

 しかしながら、今の世の中、志を貫くのは非常に難しいのもよく分かります。往々にして志を貫こうとすれば孤立無援の状態になり企業の中ではまず生き残れません。日本は曲がりなりにも民主主義社会ですが、もともとこの考えはキリスト教的な原罪を基本とした思想であって、仏教的なカオスの考えを色濃く受け継いでいる日本人にはまだまだ消化しきれていない思想なのです。

 具体的に云えば、我が国の学歴社会は本来の民主主義とは全く逆の社会です。そこで大志をもって社会に出てゆこうとする者の葛藤が始まるわけです。ただ我々が理解しなければならないのは、人間が創った民主主義はきわめて不完全なものであることは大分前から知られているところであって、そのために権力が集中しないような三権分立の規制が設けられているのです。

 民主主義は欠陥だらけなのですが、一人ひとりの自由を尊重すると今のところこれが一番良い考えなので、これからもこの主義を守っていくべきでありましょう。とはいえ、今の議会制民主主義の日本では国民が直接関与できるのは立法部門だけです。これでは民主主義を維持できるわけがありません。司法にも行政にも直接関与できる制度にすることが喫緊の課題ではないでしょうか。そのための憲法改正ならば大いに賛成するのですが・・。
by antsuan | 2007-05-11 20:07 | 政治・経済 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/5380093
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by saheizi-inokori at 2007-05-12 09:49
工事をしているのは誰でしょう?直しているフリしてますます壊しているんじゃないかな。我々も工事に加わらないと。
Commented by antsuan at 2007-05-12 10:12
・すみません、工期が遅れています。もちろん責任者は右左あんつぁんです。<(_ _)>
Commented by maron415 at 2007-05-12 13:43
うん、工事中が長い(笑)
まあ、欠陥工事しても責任取らなくてもいいからな、公的な機関って。
そして、都合のいいときだけ、「民意を問う」とか「住民の(国民の)責任」って言い出すなあと…
Commented by antsuan at 2007-05-12 15:09
・誠にもって失礼いたしました。m(_ _)m
冤罪をブログの主題の一つと考えている私としては、この頃の裁判のひどさに民主主義の危機を感じ、その怒りを「民主主義」にぶつけようとしたのですが、草稿しているうちに考えが変わって来てしまいまして筆が止まってしまいました。
Commented by saheizi-inokori at 2007-05-13 09:44
失礼しました!
工事中、と言うのが本文だと思ったのでした。
新自由主義者たちは民主主義に懐疑心をもっています。安倍は新保守主義で新自由主義の修正を考えているのかは分かりませんが、どちらにしても民主主義に対してはいささか・・の人たちだと思います。
確かに現在の”民”のありようは情けない。
と言う意味で上記のコメントをしました。
ほんとに工事中だとは思わなかったのです。
Commented by antsuan at 2007-05-13 10:13
・落語を堪能されている佐平次さんならではの深読み、勘違い。
いゃー、恐れ入りました。(ToT)ゞ
民主主義って決して完成されている思想だとは思わないのですが、一向に新しい思想が生まれてこないのは何故なのでしょうね。