あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

投票率

 フランス大統領選挙の投票率が84パーセント。これこそが民主主義国家の証明ではないでしょうか。「民」の対句になるものは「君主」だと思います。リンカーン大統領の演説で、「人民の人民による人民のための政治」とは人民が即ち君主であると言うことなのですが、日本は残念ながら与えられた民主主義のために、まだまだ大衆に君主意識がありません。その証明が投票率の低さです。

 サラリーマン政治家の好きにさせないためにも、君主たる大衆は貴重なる権利を放棄するべきではないでしょう。でなければ高貴なる義務ばかりを負わされてしまいますから。
by antsuan | 2007-05-07 14:33 | 政治・経済 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/5347708
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by coopland at 2007-05-13 13:46 x
投票率についての意見はごもっともです。
ただ「サラリーマン政治家」。ふーむ。日本の人口の多くはサラリーマンです。管理人氏は経営者とのことですが、なんだか60、70以上の経営者に多い従業員を持ち物のように考えたりする方なのでしょうね。
あと正直、日本は政治屋より「たかがサラリーマン」「たかが雇い人」「たかが小役人」のほうが優秀だというのは昔からの定説ですのでね。
Commented by antsuan at 2007-05-13 19:23
・cooplandさん、昔はサラリーマンは少数派でした。ですからその定説は昔だけのものと言えます。自己紹介をお願いします。