あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

ポルノ作家の思い出

 中学時代に漢文の先生から、偏見を持つことはいい事だと教わった。まず人間第一印象というものは大事だし、自分自身の考え方に基づき判断する事の現れなのだから。しかし、同時にその考えが一方的であるかも知れないという自覚も必要である。とも、その先生は言うのを忘れなかった。
 丁度その頃から、ポルノ小説というものが、雑誌や本になって大衆小説の一分野を賑わし始め、その主犯格の梶山季之はポルノ作家として名を馳せるようになった。今読み返してみると全然過激な描写で書かれてはいないのだが、結構、世間は騒ぎ立てていたのである。
 ある時、月刊誌が主催する地方の講演会が自分の下宿している街で開かれることになり、誘われて行ったところ、たまたま梶山季之が数人の作家とともに演者の一人だった。
 もちろん、こちらの彼のイメージはポルノ作家であり半ば軽蔑していたのたが、終戦の混乱期に広島師範学校を卒業するエピソードで、嫌いな授業を一回も出ず、海岸で塩作りの内職をしていて卒業証書をもらえそうになかった時、おまえの顔を見たいといったその先生に会いに行ったら、おまえが梶山かよく来たな。といって卒業させてくれた話で、朴訥と話す姿にすっかり魅入られてしまった。隣に立っている手話通訳の人を気づかい、最後に、食べて行けないので上京したら、黙って付いてきたのが今の女房ですといって話を終えた。
 その後10年も経たずに彼は香港で客死するのだが、雑誌などのいろんな記事を読んで、実に多くの人が彼を尊敬していたことが分かった。
 田宮二郎という「白い巨塔」の教授役で有名な俳優が飲み屋で客と喧嘩になった時、一緒に飲んでいた梶山氏がやめろと言って、喧嘩相手に気が済むまで俺を殴れといいながら眼鏡を外したのだそうである。
 また、未亡人になった大宅壮一の奥さんが、日本航空のメキシコ便開設の記念飛行に招待され、メキシコシティーに下り立った時、見ず知らずの日本の若者が出迎えに来てくれて、暑さと長旅に疲れた彼女の世話をしてくれたのだが、その若者の、梶山さんに頼まれましたという言葉に、こんな遠くにいる若者までが梶山さんを信奉しているのかとびっくりしたそうである。また未亡人の孫と梶山氏の娘さんが同じ誕生日で、毎年、ケーキを頂いていたのだが、ある時梶山氏自身の娘さんのものと間違えて届いて、全く同じものをいつも届けていたことが分かって、その気遣いに感謝したと、語っていた。
 実は、梶山氏は上京したもののなかなか職がなく、ルポライターになっても食べて行けず、奥さんが喫茶店を開いて生活を立てていた。作家として有名になっても似たようなものだったらしい。普通だったらそんな亭主とはさっさと別れてしまいそうなものだが、奥さんは葬儀の時、もっと楽しませてあげれば好かったと号泣したそうである。
 もともと梶山氏はルポライターの草分けで、彼自身、もしどこかで死ぬことがあったら暗殺されたものと思えと言っていたほど、政界や財界のどろどろしたものを暴露していたのである。彼が単なるポルノ作家ではないことは世間の人は承知のことであろうが、ここで改めて強調しておきたい。
 自分にとっては、その後、人に会うとなんとなく偏見を持つことに気をつけるようになり、右左あんつぁんの腕を磨くようになった出来事の一つである。

*亡くなられた所は台湾ではなく香港でした。訂正いたします。
 また今年は没後30年ということです。
by antsuan | 2005-03-24 07:32 | 身の回り・思い出 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/50319
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。