あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

内橋克人氏、怒る。


 今日の朝の日本放送協会のラジオで、「日本の製造業界の崩壊」と云う話の中で、めずらしく評論家の内橋克人さんが怒っていました。

 キヤノンを名指しで、雇用形態の差別を非難していました。企業倫理だけでは解決出来ない要素をいっぱい抱えている問題で、多分、内橋克人さんも気が付いているから表題をこのように穏やかなものにしたのだと思うのですが、やはり経営者の説明努力の足りなさが気になります。

 キヤノンは日本企業ではなく、資本を海外の投資家に頼る国際企業です。ソニーもほとんど同様です。その中で優秀な職員を、日本と云う国で雇用しつづけるのはなかなか難しくなってきています。今や、工場を海外に移して海外の若い技術者を育てることをしないと、企業は生き残れないのです。いまの日本の雇用制度では、国際的製造業は日本から総ていなくなってしまうでしょう。

 サービス業を見ても分かります。人件費の負担を避けるためにどんどん自動販売機が増えていっています。電話の応対も音声ガイダンスと云う非人間的なものになってしまいました。医療業界では、働かなくても免許だけで給料をもらえると思っている人間が増えてきました。

 日本の雇用制度が明らかに間違っているのです。グローバルスタンダードの名の下に米国の制度の悪い部分を取り入れてしまいました。

 大企業は優秀な職員を泣く泣くリストラし、パートや派遣職員の形で再雇用して、技術低下を防ごうとしているのです。しかし、優秀な技術者は、もやは日本に留まらず海外に自分の腕を売り込み、海外で出来高払いの給料を得ています。

 内橋克人氏も述べていましたが、外国の契約社員はホテルのドアマンやボーイと同じ能力給なのです。言い方を変えれば「個人事業主」なのです。こういった個人事業主を、正規社員のような労働者より制度として優遇すれば、問題は解決します。労働者を優遇しても絶対に問題は解決しません。そのことを理解しないと、産業の空洞化により、ますます労働者の働く場所が日本には無くなるでしょうし、技術立国日本は日没を迎えることになるのです。

 本当に日本を支えて来たのは、一人事業主、個人企業の孫請け、零細企業であることを忘れては困ります。
by antsuan | 2007-03-13 15:04 | 政治・経済 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/4949153
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by knaito57 at 2007-03-13 15:50
そのキャノンの親玉が経団連会長で、えらそうにしゃべっている。トヨタをはじめ経営上手の大企業がこぞって姑息な雇用政策で利益をあげてきた事実を思えば、結びの「本当に日本を支えてきたのは、一人事業主、個人企業の孫請け、零細企業である」はそのとおりだと思います。
ひと月ほど前に現れたノラ猫が哀れで、ネコ語に堪能な妻がやさしくするうちに庭に居つきました。家には老いた“しまい猫”が2匹いるし、病気とケガ持ちなので中に入れることもならず、餌以外は差別待遇しています。いわば正ネコと派遣ネコの差で、経営者としては葛藤の日々です。
Commented by antsuan at 2007-03-13 17:50
従業員の社会保険のうち半分を企業が負担していますが、これは税金と同じです。ですから企業が支払う税金からその分を還付されるようにするだけで正規雇用労働者は増えると思います。
雇用保険、厚生年金、健康保険の企業負担が重過ぎるます。職員採用に補助金を出したり、また退職者の退職補助金を出したり、実にマッチポンプ的な、それも役人の懐にキックバックされるような制度を廃止して、単に社会保険を税金化するだけでいまの雇用問題は解決してしまうと考えます。
Commented at 2007-03-13 19:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by antsuan at 2007-03-13 20:16
鍵コメさん、是非またお立ち寄り下さい。
そちらのお話もブログに載せました。ご了承下さい。
下の「つっかえ棒」に書いた友人夫婦はあの方です。
今度は普通にコメントを下さい。よろしくです。
Commented by maron415 at 2007-03-13 20:34
キャノンは国会でも(偽装請負?)言っていましたね。
保険制度も、年金制度も種類によって差がありすぎます。いいかげん統一すればいいのにとは思います。それと税金も本人が申告するようになれば、一人ひとりが自分がこれだけ払っているんだともっと自覚するようになるのではと思います。保険、年金もね。
国にしたら、今のままの方が都合いいのでしょうけれどね。
企業が半分出しているということを認識している人はあまりいないのではないかと思います。
Commented by seilonbenkei at 2007-03-13 23:42 x
ずっと派遣人生なので経営者の苦労なんてとんとわからないのですが、うちの教会を例に考えると牧師一人養うのに大変な目に遭ってますので、事業主さんの気持ちもほんの少しわかる気がします。って、記事の趣旨と全然違うコメですみません。
働かない免許持ちより(笑)

ところで、ヘルパー講座は終了しましたか?ご苦労様でした。
ついでに興味本位なんですけど、もし差し支えなかったら聞かせてください。
あんつぁんさんとこはソーシャルワーカーおいてます?
Commented by antsuan at 2007-03-14 06:57
・マロンママさん、国会でも取り上げられたのですから、キヤノン(経営者)もしっかりと説明するべきです。また、日本の労働者は発展途上国の労働者の技術力を侮っているように思います。日本の技術指導者がチャイナに行って教えると現地の人々の必死になって学び取る姿に感激してしまうのだそうです。
Commented by antsuan at 2007-03-14 07:11
・セイロンベンケイさん、下の「つっかえ棒」のほうにはコメントくれないの?

今じゃMSWなしにはやっていけません!でも本当のソーシャルワーカーの仕事じゃないんですけれどね。ヘルパーの実習もようやく終わりました。でもまだレポート書いてない。(OO;)

松下幸之助みたいに税金がなくても国家は運営して行けると叫ぶ国会議員はいないのでしょうかね。
Commented by greenagain at 2007-03-14 11:03
はじめまして。
cazorla さん、anthonberg さんのところからやってまいりました。
私も朝のこの論評コーナーよく聞いています。
内橋さんの論評、楽しみです。血の通った経済評論家さんですよね。心が暖かくて、あらゆる方面に精通、わかりやすく解説してくださるので好きです。
精密な技術、丁寧な仕事をするという日本製造業の長所を生かす方向に雇用関係も改善されることを願っています。優秀な技術者が派遣化されている現状は悲惨、特に年度末年度初めの繁忙期の現在、大事故が起こっても驚きません。本当に悲惨です・・・
Commented by antsuan at 2007-03-14 12:14
・greenagainさん、お立ち寄り下さり有難う御座います。
内橋さんの怒った口調、初めて聞きました。雇用問題・経済問題もまだまだアメリカの言いなりになっているところが気になります。そういう意味では、労働者も経営者と歩調を合わせて闘うことも必要ではないかと思います。
しかし、派遣社員の方がバリバリ働くのを見るとやはり考えさせられるものがあります。