あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

つっかえ棒

 このところ友人の奥さんに経理の仕事を手伝ってもらっている。この友人のご夫婦とは結婚前からの付き合いで、新婚の時も押しかけて行ったりして、こちらも家族ともども明け透けな話しをしている。

 昨日も、仕事の打ち合わせの休憩時間にちょっと世間話で夫婦の話をした。テレビで、作家の五木寛之氏が、五十を過ぎたらころから、夫婦であってもお互いを当てにしないで別の目的を持って生きることにしているような話をしていて、ご主人がそれに共感をしているようなのだ。しかし、「人」と云う文字のように支え合うことをしなくても、「H」という文字のつっかえ棒のようにお互い手を携えて生きて行くのが夫婦ではないかと奥さんは反論したらしい。

 奥さんの考えももっともだけれども、ご主人の気持ちもわからないでもない。自分のことを告白すると、とても妻なしでは生きて行けそうにも無い。もし先立たれたらどうしようと今からオロオロしているくらいだ。しかし、妻には私がいなくなってもしっかり一人で生きてほしいと願っている。実に身勝手だがそれが本心なのだ。

 そんな話から、夫婦お互いに会話を絶やさないことが大切だと頷きあったのだけれども、私の場合は、結婚してすぐ妻が妊娠してしまい、さらに三人の子供が出来てしまって、前にもちらっと書いたように、布団を一緒にする回数が絶対に少ないと思っている。妻からのアプローチがほとんどなかったので、こちらも遠慮していたところもある。エスカレートしてそんな話をしたら、布団を一緒にするかどうかは別として、女は手を握ったり抱いたりしてあげればずっごく安心するものなのよと教えてくれた。
 
 しかし、安倍総理みたいに手を握ってタラップを降りてくるのが満点の夫婦なのだろうけれども、仕事人としては五木寛之氏の考えに私も近いような気がする。
by antsuan | 2007-03-13 07:39 | 身の回り・思い出 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/4947488
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by さかぴ at 2007-03-13 08:36 x
うぷぷー たまには?お外にお食事にでも連れてってあげなさーい 煩悩はすてさって海に精力そそげばー
Commented by antsuan at 2007-03-13 09:00
・えーっ!? 二人だけで外で食事?結婚してから一度も無いかも知れない。(^^;)
そう、男は海をめざす! でもまだまだ煩悩が元気なのよ。
Commented by maron415 at 2007-03-13 10:24
五十を過ぎころから…まあ、もしものことがあるかもしれないから、お互い自立したほうがいいかなとは思いますね。よく聞くじゃない。だんな亡くなって嫁さん若返るけれど、逆の場合は…ってね。
いくつになっても、お互い話す機会は大事かなと思います。会話しないと何もはじまらないかと思います。べつに布団の中でなくてもいいと思うけどね…って、人のことならなんとでも言えます(笑)
でも、この友人のご夫婦はこういうことを会話しているから素敵だなと思いました。
Commented by antsuan at 2007-03-13 10:30
・この奥さん、私のおしゃべりをちゃんと聞いてくれる旦那なよねってのろけていました。(笑)
Commented by saheizi-inokori at 2007-03-13 11:36
いいなあ、つっかえ棒があって。
大事にしてください。ときどきは油をぬったり休ませて^^。
Commented by antsuan at 2007-03-13 13:40
・それはもう、でもちょっと油の塗り方が足りないかな (^^;)
Commented by anthonberg at 2007-03-13 18:06
なんだかほんわりする話ですね。でも外食くらいしようよ!antsuanさん〜。布団を共にする前にデートして話して手を繋いでそれからですよ、ふふふ。(^^)
でも私は夫婦であっても自分の世界を持つ頃って大切だと思います。65歳になってから旦那さんが奥さんのあとを追っかける、みたいな状態になったり、奥さんが依存したりだと辛いと思います。そして最後はどちらかが一人になるのだから、その時を考えると多少の自立は必要ですよね。
まぁうちの夫は私より年上なので80歳過ぎたら意地悪じいさんになって車椅子で看護師さんやヘルパーさんを追っかけるのが夢だそうです。(苦笑)そして私に介護してもらうと語っています。『人』と言う字は片方が寄っかかり過ぎている気がしますので『H』の方がいいかも。(笑)
Commented by antsuan at 2007-03-13 20:27
・anthonbergさん、そういうムード作りが苦手なんです。(^.^;)
男から見ても自分の世界を持っている女性って魅力的です。そしてその世界を覗いて見たい、悪趣味かな(苦笑)
Commented by greenagain at 2007-03-14 11:03
おお~、盛り上がってますね!
日本人男性のシャイなところ、好きですよ。
ただ、愛の言葉がエネルギーになる女性が多いのも事実。
共通の話題、趣味が一つでもあると大分違ってくるかもしれません。
Commented by antsuan at 2007-03-14 12:17
>愛の言葉がエネルギーになる
また一つ勉強になりました。カミさんに逃げられちゃ困るので頑張ります。(^^)/
Commented by chiyoko1960 at 2007-03-14 14:56
アメリカ映画の『黄昏』の最後のシーンを思い出しました。病気で気が弱くなった夫と、『大丈夫、私がついてる』と彼を抱きしめる妻。私も長生きしなくちゃ、と思います。
Commented by antsuan at 2007-03-14 17:04
・やはり、ふたり手を携えて、というのが理想的ですね。しかし、やっぱりちょっと抵抗あるなぁー (^^ゞ
Commented by cazorla at 2007-03-17 09:19
手をつないでHの文字って いいなー(笑)
それぞれが自分の世界を持ってるって やっぱり大事ですね。
Hの形で それぞれ 好きな方むいてるっていうのが。
昔 まだ二十歳くらいのときに 入院していた隣のベッドの奥さんのところに 旦那様がうしろでにばらの花を隠して持ってきていたのが印象的です。 たしか 奥さんは五十三歳だっておっしゃってました。
旦那様も 頭が少し薄かったんですが 目がきらきらと少年のようでした。 
Commented by antsuan at 2007-03-17 10:33
・坂本九ちゃん夫婦も、その当時としてはめずらしく手を繋いで歩いていましたが、すごく微笑ましかった。
それぞれ自分の世界を持っていて、それを認めあって生きていくのは本当にすばらしいことだと思います。
手を繋いで歩く。私も練習してみようかな。(笑)