あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

身近な抑止力

台湾の独立運動家、金美齢氏が「いじめは親が撃退せよ」と、月刊誌ボイス二月号に書いている。至極当然のことと思うので最後の部分を抜粋する。
=====================================
親はいじめの「抑止力」 
 悪事を働く子は、周囲の大人をよく見ている。強硬な態度を示して、「何かをするとヤバい」と思えば、手出しはしない。逆に「相手は甘い」と分かれば、いくらでも図に乗ってくる。核保有したどこかの国を見ているようだが、いじめにおいても大事なのは「抑止力」だ。その役目は、親が果たさなければならない。
 外交でいえば、日本が平和なのは憲法九条があるからではない。日米安全保障条約とアメリカの第七艦隊の存在があって、手出しができないのである。同様に、親がいじめを見過ごさず、徹底的に問題にする態度を貫けば、いじめは止まる。その代わり、自分の子供がいじめをしたときは平謝りに謝る。息子や娘には、いじめの被害者にも加害者にもなるな、と教えてきた。それが親の役割というものである。

日本の「希望」をなぜ語らない
 結局、大事なのは親の心構えである。親は子供を育てるにあたり、まず親に対する信頼と、自分が生まれた国がいかに恵まれた環境であるかを教えるべきだ。「この国には何でもある。だが、「希望だけがない」と書いた作家がいる(『希望の国のエクソダス』、村上龍)が、そんなことはない。この国には希望が「ある」。
 私にいわせれば、日本は豊かで自由で機会は平等、チャンスもある。世界中でこれだけの環境の下に生まれたのは、誤解を恐れずにいえば、人生の競争で半分勝ったようなものだ。頑張ればたいていの希望が叶うのが、日本と云う国だ。
 国を愛する心や日本人の美徳を教えない大人により、希望がなく、前途は真っ暗闇であるといった話ばかり刷り込まれて、子供が幸せになるだろうか。自分の親を好きになれず尊敬できない子供が、幸せになるだろうか。自分の生まれた国がよい国で、わずかに努力すれば幸せになれると教えずに、よい子供が育つと思ったら大間違いだ。子供をいじめから守り、社会に有用な人間に育てるのは、親の責任以外の何ものでもない。
=====================================

信頼できる抑止力、家庭においても国においても必要欠くべからざるものであろう。
by antsuan | 2007-02-09 17:08 | 文学・教育・科学・医療 | Comments(10)
Commented by 通りすがりに at 2007-02-09 19:53 x
要は、それが出来ないから、お先真っ暗で「希望」がないと言ってるのだね。
簡単に言えば、民度が低いと言うこと。

何も考えずに、自分の首を絞める候補者に、喜んで投票する国民性を考えずに、解ったようなことを云っても、格好いいだけ。
Commented by mitsuki at 2007-02-09 22:42 x
憲法九条が実際の戦争に何の抑止力も齎さない事は分かっているのですけど。
半世紀前、負けると分かっている戦争に国民を駆り出し、玉砕戦を展開した軍を、信頼できる抑止力とはとても思えません。
自衛隊出身のあんつぁんさまにこんなこと申し上げるのは大変失礼ですが、忌憚の無いことを申し上げますと自衛隊に政治力を与えたらクーデターを起こすに違いないと感じているのが大半の世論なのではないでしょうか。
Commented by antsuan at 2007-02-09 23:47
・通りすがりにさん、今の日本国民の民度が低いと云うのならば、民度が高い国のというのは何処を指すのでしょうか。
Commented by antsuan at 2007-02-09 23:55
・mitsukiさん全然失礼ではありません、どしどしご意見をお聞かせ下さい。
mitsukiさんは今の日本に抑止力は要らないとお考えなのでしょうか、それとも外国の抑止力に頼るべしというお考えなのでしょうか。
もう一つ質問します。今の日本の教育問題に抑止力という考えを持って解決することは不適切とお思いでしょうか。
Commented by 通りすがりに at 2007-02-10 07:40 x
民度が低いというのは、高い国があるからそこからのパーセンテージで評価するモノではありません。
漫才師を知事にしたり、映画俳優を大統領にする国が民度が高いとはとても言えないでしょう。日本が民度が高いと評価している人がいるのでしょうか?

小泉支持にしても相ではないでしょうか。郵政民営化の中身を知って、賛成したのでしょうか。それによって、公務員が減り、税金が安くなったのでしょうか。彼らの給与は、郵政事業の中で賄われていた訳ですから、税金に関係有りません。唯、アメリカ国債を大量に買い付ける為の準備に過ぎません。

日本人は世界で優れている民族だという感覚や思想は、戦前の選民思想です。

敢えて言えば、フランスなどは、政府がおかしな事をするときは、きちんと態度で示し、政府もそれを受け入れます。一般人の日常会話の中にも、歴史の問題が良く出てきます。

ただただ感情的に、中国や朝鮮を蔑視するのではなく、正しい歴史観を持って貰いたいと思います。
Commented by antsuan at 2007-02-10 09:44
・それはかえって士農工商のような封建主義の差別思想ではないでしょうか。
無責任な有識者に政治を任せたことにより国が潰れたのです。責任ある漫才師や映画俳優を選ぶことは民度が高いと思います。
「正しい歴史観」は事実の切り口によって変わってくると云うのはこのブログに意見を下さる方の一致した見方として確立されています。
ここは教育について話し合いたいと思いますので、政治・思想については10日の方へお願いします。
Commented by reiko_06sp at 2007-02-10 11:42
ばぁちゃんがよく言ってました。
「バカ」は賢くなからんば、できんとよ。
前職は漫才師やったかもしれませんが、
今までは投票しとけばよかった立場やけども、これじじゃあいかん、
自分で何とかしようと、立ち上がった彼は
机上の空論ばっかで、何の役にもたたん引きこもり主婦からみると、すごいことだなーと思います。

Commented by antsuan at 2007-02-10 12:28
レイコさん、私、昔ピエロを馬鹿にしていました。しかし、バート・ランカスターのサーカスの映画を見たときに、ピエロこそ人の悲しみが分からないと出来ない仕事なんだなと気が付きました。職業に貴賎はないですし、自分の仕事をなげうって政治家になるって立派なことだと思います。
夢をお子さんにあげてください。
Commented by mitsuki at 2007-02-10 20:17 x
抑止力でいじめを解決しようとしても、暴力行為などのいじめは抑えられるのでしょうけど、精神的な、より陰湿ないじめまではカバーしきれないのではないでしょうか。
私も学生の頃、善意のカンパを断ったのがきっかけで(だって友達でも何でもない子が誰の子か分かんない子を身篭ったってそれは私のせいじゃないし、だいたい話そのものがウソっぽかったんだもん)仲間外れにされたり変な噂を流されたり卒業文集に「思いやりが無い人」って書かれたりしましたが、別にそんな人達と仲良くしたいとは思わなかったし、学校の外にヲタク友達がいっぱい居たから、あまり苦になりませんでした。
いじめられるのが嫌で大金を費やしたり、自殺しちゃう子っていうのは、そういう隠れ処、秘密基地みたいな場所がなかったんだと思うんです。
これはあくまで私個人のケースですけど。




Commented by antsuan at 2007-02-10 21:16
・確かに抑止力が効かないと体罰という実力行使をせざるを得なくなりますが、親や先生がそういう覚悟を見せないと子供は分からないし、戦前までの躾け方や外国の躾け方を見ても、そのやり方は間違っていないと思うのです。