あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

憧れの人

 この間、東京の四谷に行った事を話しましたが、四ツ谷駅にある大学と云えば上智大学です。偶然なのでしょうが、小学校時代の恩師と中学時代の恩師はここの卒業でお二人とも面識があると云う事でした。

 その中学時代の恩師は、横浜国大に受かっていたのにダサい国立なんていやで無理やり上智にした、横浜の山の手に住む文化的な雰囲気を漂わせている方でした。私にとっては、今でも面倒見の好いお姉さまという感じで接する事の出来る先生なのです。

 昨日のブログを書くために昔のアルバムをめくっていると、その先生の結婚式の写真が出て来ました。前に"友人のこと"で書いた時に頂いてきた写真なのです。結婚生活なども割と明け透けに話をしてくれて、ご主人は海外出張が多くて寂しい時はついつい手を足に挟んで寝る時があるとか、一人では寂しいから主人がどんなに午前様になっても起きて待っているのとか、然りげなく話してくれるのですが、こちらの方が顔を赤らめてしまうこともありました。

 三人の子育ても終わってみな立派に育ち、夫婦二人でのんびり出来るのに、ご主人はいまでもブラジルへ単身赴任で仕事をされていて、先生は民生委員をやったり区の生活指導員をやったりと忙しくご活躍されています。

 ですから、私にとってはいつまでも越えることの出来ない師なのですが、同時にその気さくな人生も私の憧れなのです。
by antsuan | 2007-01-28 23:48 | 身の回り・思い出 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/4640473
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by realutopia at 2007-01-29 00:01
ちょうど今、昨年末上智大学で行われた、大学対抗で交渉術を競う「インターカレッジ・ネゴシエーション・コンペティション」という大会の記録を編集中です。素材が20時間ほどある大作です。こういう地味な大会はニュースにもなりませんが、まじめな大学生もたくさんいることを実感できる、とても有意義な仕事です。
Commented by antsuan at 2007-01-29 09:16
・20時間のものを纏めるのですか?それは大変ですね。あるある事件のおかげでrealutopiaさんのことろへ仕事がいっぱい行くようになったんじゃないですか?
大学もまともなことをやってくれないと単なる就職予備校になってしまいますよね。本当に教養ある人間をしっかりと輩出してほしいです。
Commented by cazorla at 2007-01-31 04:36
上智のところの桜が一番すきです。
もう今では数少ない 都心の大学ですね。
無邪気に配偶者のことを好きって言える人は 私も好きです。
Commented by antsuan at 2007-01-31 08:07
・四ツ谷の周辺には高層ビルが建たないのは何か理由があるのかな。
教え子を人間としてしっかりと見てくれていたんだなぁと今更ながらに嬉しく思っています。