あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

恩師のこと

 年賀状を書くたびに恩師のことを思い出すのはみな同じではないだろうか。嬉しいことに私の三人の恩師はお元気だ。小学校時代の恩師はいまだに現役なのだが、今年度をもって退官するとのお知らせを受けた。思えばこの小学校が私と家内との赤い糸だった訳で、それだけに感慨が深い。

 小さい時から自分は目立たない方の生徒だと思っていたのだが、先生始めみんな憶えて居てくれる。何故か。別に頭が良かったわけでもないし、いたずらっ子だった訳でもない、母譲りで色が白かったのだ。色白といわれる女の子よりも肌が白かった。自分では全然そんなことを意識していなくても嫌というほど言われて、それが私のコンプレックスになっていた。

 きっと、恩師も色の白かった男の子というぐらいにしか覚えてくれていなかったと思うのだが、その男の先生は、大学を出てすぐに私達のクラス担任をされたので、何をするにもフレッシュさが子供の心を引きつけた。黒板消しを扉に挟んだり、教壇の引き出しに死んだ蛇を入れておいたり、その度に驚く先生の姿を面白がった。そうして卒業式の時、その新米先生の目に涙が浮かんでいたのを私達卒業生は見逃さなかった。

 私達一人一人が恩師にとって特別の生徒だったのだ。
by antsuan | 2006-12-22 12:12 | 身の回り・思い出 | Comments(4)
Commented by cazorla at 2006-12-23 06:56
あんつぁんて 色白のおぼっちゃまだったんですね。
赤い糸のお話しは 過去の記事に書かれているのでしょうか?
それともこれは 予告編?
Commented by saheizi-inokori at 2006-12-23 12:17
特別な生徒ばかり、今はどうなのでしょうか?どの先生もそうであって欲しいですね。いつもいつも。
Commented by antsuan at 2006-12-23 19:56
・秋田に帰れば色白の子なんて普通にいるんですけれど。
12日の記事にちらっと書いたんですが、今はもう消しましたので、過去形です。
Commented by antsuan at 2006-12-23 19:56
・生徒にとって先生は特別な存在ですから、本当は先生から見てもそうであってほしいのですが、組合に入っている先生方にそれを期待するのは無理でしょうね。