あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

これ昔紅顔の美少年

 「氷点」を読み始めたのだが、いきなりよろめきシーンで始まり、読むのに挫折してしまった。人妻に言い寄る男が許せない気持ちなのだ。しかし、土曜日にナイスバディの女の子と介護実技の練習をしていて、彼女の頭を抱き首筋を拭いてあげている時、ムラムラと云うかクラクラというか理性を失いそうになりかけた。これが、ぴちぴちした娘でなく色香漂う若い人妻だったら本当に理性を失いかねないのはよく分かる。よく分かるからこそ、そういう禁断の場面を読むのが耐えられないのだ。

 娘さん、二十年前に会いたかったぜ。

d0001610_6485368.jpg

        右足靭帯全切修復の手術をした後の写真
by antsuan | 2006-12-18 06:53 | 身の回り・思い出 | Comments(4)
Commented by cazorla at 2006-12-18 09:29
下のセイロンベンケイさんのコメで大笑いしてしまいました。
あんつぁん かっこいいです! ちゃんと彼女たちも街灯以上に思ってます。 
Commented by antsuan at 2006-12-18 13:28
・よかった、"逆光のときは"なんて条件付けられないで。写真にうるさい皆さんはいろいろ注文あるでしょうが、これで勘弁して下さい。
Commented by mitsuki at 2006-12-18 20:03 x
今の季節、コートの下は薄着って人は多いですから。
決して街灯と同じじゃなく、ちゃんと学友だと思ってる筈ですよ。それで無防備だったのでしょう。
ところで、アリチンボーイっって看護つながりでナイチンゲールの駄洒落だったんですね。今朝満員電車の中で気が付いて独りでウケてました。
Commented by antsuan at 2006-12-18 21:53
・イヤー、久々に刺激的でした。先生も他の生徒も私のやっている事をくすくす笑いながら見ていましたよ。若い女の子はストレートに表現して警戒感が全然無いんですよね。  病院でも介護施設でも男の看護師の人気は高いですよ。