あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

いまの米国には仏教が必要だ

 リンククラブニューズレターに、ニューヨーク本願寺住職、中垣顕實さんのことが書いてある。そこで改宗したアメリカ人が言う、現在のニューヨーカーが必要としているのは仏教の慈悲と寛容性だと。

 中垣住職は語り始めた。「仏教とキリスト教は全く逆です。聖書の言葉は絶対ですが、仏教では真実は言葉を越えていると教えます。言葉にならない世界に入って行かねばなりません。ゼロ、つまり無の世界に入るということです。 ・・・ アメリカ人は直線で考えます。仏教は円です。直線は二点があってはじめて線が出来ますが、円は点がない。最初も最後もありません。キリスト教は一神教、仏教は多神教、つまりこれはゼロということです。」
 
親鸞聖人の頃の十二世紀は、仏教が伝わる歴史的過程がいまのアメリカと状況が一番似ているのではないかとも住職は言うのだ。世界に平和をもたらすには多神教の普及がもっとも近道なのかも知れない。
by antsuan | 2006-12-04 21:12 | 思想・瞑想・時代考証 | Comments(10)
Commented by mitsuki at 2006-12-04 23:16 x
一神教同様、多神教の仏教やヒンドゥー教にも悪魔は存在するのですが、神道には悪魔はいないようです。
ちゃんとお供物を捧げてお祈りをすればみな神さま、ご利益を授けて下さるものとして尊崇の対象となっています。
仏教が0なら神道は∞なのでしょうね。
Commented by rabbitfootmh at 2006-12-05 01:10
慈悲と寛容と、ついでに輪廻転生も加えたら、「あなたの前世は黒人だった」とか「前々世はイスラム教徒だった」とか言って、脅かせるのでは?
Commented by saheizi-inokori at 2006-12-05 10:30
進化論を学校で教えるべきでないと主張する人たち、十字軍を正義の軍と信じて疑わない人たち、そういう人は常に存在します。ただ、そういう人たちが権力を振り回すと厄介ですね。
Commented by antsuan at 2006-12-05 17:50
・「無限」とか「無」とかはやはり宗教を通してでないと分かってもらえないと思うのですが、日本食ブームと一緒に日本の宗教ブームになるといいですね。
Commented by antsuan at 2006-12-05 17:50
・近頃のキリスト教は輪廻の概念を取り入れるようになってきているようです。でもそれが誇張されるとまた問題になりそうです。バイブルとかコーランとか言葉になっている一神教はその解釈でどうにでもなってしまうところが恐ろしいですね。
Commented by antsuan at 2006-12-05 17:51
・厄介なことに米国人が信じているものは「力」と「石油」です。そういう社会で仏教を広めようとしているお坊さんは本当の聖人ではないかと思っちゃいます。
Commented by cazorla at 2006-12-06 10:57
ラダイ・ダマってやっぱり好きです 法王より。 寛大な感じで。
デカルトって 仏教的だと思うのです。 仏教って論理体系が 欧米型だと思うのです。だから理解しやすいはず。 まず 疑え!て゜すね。
Commented by ohara at 2006-12-06 15:02 x
イスラムにしてもキリストにしても、彼らの信仰は、日本人が考えるほど簡単なモノではありません。

「新(契)約」にしろ「旧(契)約」にしろ、命を形にした神との契約ですから、簡単に変更はできません。

「てめぇ、俺の洲で、俺の面に泥を塗るような事しやがったら、生かして置かねえぞ!!」
「はい、解りました。決してそんなことは致しません。誓います。」
「その言葉、忘れるんじゃねえぞ!。よし!  じゃぁ、おめえを守ってやらぁ!」

親分に背いたら命はないのですよ。
自分の立場に振り替えて、考えてみてください。
背筋に冷たいモノが走りませんか?
Commented by antsuan at 2006-12-06 17:43
・数字のゼロの発見は確かインドと聞いています。天文学は旧約聖書で栄えた地域とすると、昔は宗教こそが科学だったと云えなくもないですし、そうなると逆に神道は魂だけが絶対の本当の宗教なのかも知れませんね。
Commented by antsuan at 2006-12-06 17:43
・ヤクザの世界は此の世だけですが、墓を暴いてむち打つあの世界は地獄がありますからね、怖いですね。かといって厳しい此の世を活きて行くためには、あの世には天国があるって、煮ても焼いても食えない夢と云うニンジンをぶら下げる必要があったんでしょうね。「空海の風景」を読んで思ったのですが、国際都市長安から空海がさっさと戻ってきたのは、その昔から日本こそがユートピアに近い社会だったのではないかと思っています。どうも金が無くなったから戻ってきたとは思えないのです。