あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

あれから二十年

 今日は父の命日だ。早いもので亡くなってから二十年の月日が経つ。事業を閉じると、職員全員を集めて話した翌日に脳卒中で死んだのだが、死期が迫っていたことを知っていたに違いなかった。

 父が心臓発作で救急車で入院した時に、油まみれの仕事の会社を辞めて事業を手伝い始めたのだが、けっして父に信頼されていた訳ではない私が事業を引き継ぎここまでやれるとは思いもしなかった。

 私が戻って、どうにか診療放射線技師の資格を取った後、しばらくして母が脳腫瘍手術の後遺症で入院中に、今度は父の首に悪性リンパ腫が見つかり東京の大学病院に入院した。見舞いに行った時、自分はもう助からないから最後に言うことを聞けと私に向かって父は言った。しかし、技師としての知識から悪性リンパ腫は放射線治療で治ると知っていたので、励ましのつもりでそう言ったのだが、医者に向かって生意気なことを言うなとまた嫌われた。結局、関係は改善できず、父は大阪で旅行代理店の雇われ店長をしていた兄を呼び寄せ経営を任せた。

 東京築地の国立癌センターで放射線治療を受け、治って、普段通りに仕事が出来るようになったけれども、父は私に経営を任せることはなかった。いつの間にか私は静かに父を見守る気持ちが出来ていて、そのことに不満はなかったが、兄が経営をめちゃめちゃにしないか気掛かりだった。

 案の定、ベテラン事務員がやめると経理は杜撰になってきた。父は診療だけでなく経営にも気を配らねばならず、せっかく治った身体に心労が重なって行くのが目に見えていた。しかし、父の性格は充分に分かっていたので私は何も言わなかった。

 ベッドから倒れて死んでいた父を見て、最後に私に何か言いたかったのではないかと悔いが残った。その懺悔のつもりで事業を引き継いで、いつの間にか二十年の月日が経った。此処までやったら、きっと父も雲の上から私を認めてくれていると思う。何とか今年も年を越すことが出来ると、手を合わせて報告するつもりで居る。
by antsuan | 2006-11-30 18:49 | 身の回り・思い出 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/4272215
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by knaito57 at 2006-12-01 08:29
「好きな映画をひとつだけあげよ」というのは映画好きには酷な質問ですが、私なら最高の映画は「ゴッドファザー3部作」と答えます。関係ないだろとお思いでしょうが、この記事を読んでantsuanさんに送りたいと思ったメッセージなのです。
Commented by saheizi-inokori at 2006-12-01 11:17
knaitoさんのメッセージ、何となくわかります。私は10歳のときに父を亡くしたので、父として子供たちにどう思われているかを考えることがゴクゴクたまにあります。答えは”わからない”です。
Commented by antsuan at 2006-12-01 22:08
・実は意識して観ないようにしている映画の一つが「ゴットファザー」なのです。そろそろ観てもいいかなぁなんて思っています。 父の希望する人間になる事は拒否しましたが、父の事を理解する事は出来たつもりでいます。
Commented by antsuan at 2006-12-01 22:08
・もっとも身近なはずの父に理解してもらえなかったのが辛い思い出ですが、父も同じ思いだったのだろうと思うこの頃です。
Commented by seilonbenkei at 2006-12-02 08:57 x
私も、少しはantsuanさんのことが理解できたかなぁ(笑)
理解ってむつかしいですよね。でも、思いはきっと通じますよね。そう信じます。
お世話になりました。お元気で。
Commented by antsuan at 2006-12-02 18:51
・セイロンベンケイさん、こちらこそお世話になりました。勝手な事ばかりコメントしてご迷惑をおかけしました。迷惑ついでに私の感想です。セイロンベンケイさんはお母様の血筋をしっかりと継いでらっしゃる事を自覚し、自信を深めたのではないかと思っております。これからのますますのご発展を祈念しております。グラスルーツジャーナリストとして、これからもブログを続けて行くつもりですので、たまにはコメント下さいね。