あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

往く秋


 もうじき師走、三男の飼っているわが家の蟹もいよいよ冬ごもりの枯れ葉をかけてあげることにしました。あちこちのブログを尋ねてみると、旅行に出かけたり美術館に足を運ばれたりと、往く秋を惜しんで居られるようです。こちらは減量した甲斐があり、何とか年を越せる目処が立ちましたが、まだまだ仕事が頭から離れません。そのうちゆっくりと温泉にでも浸かりに行きたいものです。

    夕暮れの山の湯にあり冬の虫
by antsuan | 2006-11-28 12:08 | 身の回り・思い出 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/4256921
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by saheizi-inokori at 2006-11-28 13:09
銀行さん、うまく行きましたか、よかったですね。
Commented by realutopia at 2006-11-28 15:59
無事に年を越せるというのはありがたいことです。日々生きていることへの感謝を忘れないようにしたいものです。蟹も長生きするといいですね!
Commented by antsuan at 2006-11-28 19:10
・メインバンクに見放された時は背筋が凍ってしまいましたが、もう一つのところは何とかこちらの熱意を理解してくれました。鎮痛剤の飲み過ぎで今度は胃が痛くなってしまいました。(苦笑)
Commented by antsuan at 2006-11-28 19:11
・誰にも相談出来ず、自分を自分で励まして気力を保ち続ける。みんなそれぞれにそうやって頑張って活きているのでしょうけれど、本当に希望の光が見えてくるとホッとします。ついつい仏さんに手を合わせてしまいます。
Commented by さかぴ at 2006-11-30 07:52 x
まいど あんつあん もう冬だね そういえばうちの子供がちいさいころ青がえるを飼っていましたよ 毎日蝿やバッタなどの餌を取り与えそして冬籠もりです。二年目の冬籠もりの時 時折土を水で湿らせるのわすれちゃったらさ 土が乾燥しちゃって 中にもぐってたカエルさんもひからびちゃってましたぁ。カニさんもおんなじように水で湿らせておかなきゃだめかもね では カニさんの冬籠もりでそんなことをおもいだしましたのさ
Commented by antsuan at 2006-11-30 12:08
さかぴさん、何時もお世話様です。ちっちゃい生き物の方が返って飼うのが難しいかも知れませんね。蟹なんてうちのまわりにウジャウジャいるのに何で飼う気になったのか不思議です。