あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

長期政権になるか、安倍内閣

 教育基本法改定は安倍内閣の一つの目玉になるだろうと思うのですが、変に問題がすり替えられない限り、日教組に牛耳られていた学校教育の正常化が進むと期待しております。面白い事に、民主党は先の小泉内閣の時に対案を出しておきながら、それを与党が丸飲みすると言い出したら審議拒否をして法案を潰してしまいました。したがって、民主党は対案を出す資格も審議する資格もありません。

 正直言って、この教育基本法の改定によりすぐ日本の教育がよくなるとは思えないのですが、とにかくこの教育現場の澱みを一掃しなければならないと思います。教育問題はどの国も頭を悩ませているようで、英国のサッチャー政権時代も教育改革の実施にはすごい抵抗に遭ったと聞いています。

 安倍新内閣はこの教育基本法を成立させれば、自衛隊を軍に昇格する事も北朝鮮の緊張が追い風になっていますから難しい事ではありませんし、特に喫緊の問題はないので、じっくりと来年の参議院選挙対策を練る事が出来ると思います。という事は、参議院選挙を無難に乗り越える事が出来れば、民主党の方が崩壊して盤石の体制になり、安倍政権は長期にわたる可能性も十分考えられます。

 しかし、外交問題はいろいろ出てくるでしょう。第一に北朝鮮が崩壊した時の対応です。これはチャイナに下駄を預ける方法があります。次にイラク問題ですが、米軍が撤退した後は内戦状態になってイランの力が増大するでしょう。これも資源の取り合いに関与しない日本は実質的損害はないと考えます。それよりも脱石油化が進み、日本の経済はますます巨大になっていくと思われます。この事を嫉む米国をどのようになだめる事が出来るのか、それが出来れば安倍内閣は小泉さんを越える長期政権になる事はまず間違いありません。
by antsuan | 2006-10-11 15:59 | 政治・経済 | Comments(2)
Commented by mitsuki at 2006-10-11 18:07 x
安部新総理にははっきり行ってあまり良い印象が無かったのですが、奥さんと手を繋いでタラップを降りてきたのを見て、さすが戦後生まれ、っって思いました。
北朝鮮は崩壊後を見据えなければいけませんね。在日の同胞を頼って七桁の難民が来日するそうです。温かく迎えてあげましょう。
Commented by antsuan at 2006-10-12 05:13
・アベちゃんは池田某と秘密会談をしたり憲法改正をしないで集団的自衛権まで認めようとしています。密室政治は大いに問題ありで民主党はこの辺りをしっかりと追求するべきでしょう。