あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

時速300キロ

 息子が通っている横浜高校は中学校からの一貫教育をやっているので、中学での修学旅行がありません。まあ可哀想と云えば可哀想なのですが、本来の修学の意味が殆ど失われていますから学校の判断は妥当だと思っています。

 ここ逗子・鎌倉は、バブルが弾ける前には修学旅行生が泊まる旅館やホテルが幾つかありましたが今は跡形もありません。修学旅行の観光バスもめっきり見なくなりました。恐らく新幹線を使っての修学旅行が殆ど一般的になったからではないでしょうか。

 では自分の時はといえば、修学旅行で新幹線を利用した学校としては早い方だったに違いありません。東京オリンピックの翌年に新幹線で京都・奈良を回りましたが、当時はまだ国鉄横浜線は単線でガタゴト走り、新横浜駅前は草ぼうぼうの原っぱでした。東名高速道路はまだ完成していなくて観光コースに名神高速道路がわざわざ入っていました。行きか帰りだったかは忘れましたが、新幹線の運転室へ入らせてもらってスピード計が時速210キロを指しているのを見せてもらったりもしました。

 それが今では時速300キロの時代です。旅が旅でなくなってしまったようです。回り舞台を移っているだけで、もはや旅行の意味は無くなってしまったように感じるのです。あの学校の教科書で読んだ芥川龍之介の「蜜柑」のような、或いは前に書いた「連絡船の女(ひと)」のような想い出を創る旅と云うものは望めなくなってしまったのでしょうか。

それでも、旅先の自由行動で佐平次さんのような新鮮な出会いがあれば、それだけで有意義な旅行になるだろう。やっぱり修学旅行は楽しいに違いない。
by antsuan | 2006-09-22 18:22 | 身の回り・思い出 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/3858478
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by seilonbenkei at 2006-09-22 18:45
私も新幹線利用の第一号でした。行き先は京都・奈良。でも、こだまでした(笑)
ビジネスは早い方がいいですが、旅行はゆっくりの方がいいですね。
Commented by antsuan at 2006-09-22 19:18
昔は新横浜にはこだましか止まらなかったのです。(^^;
何故か私の場合は旅行の時だけ女の人が言い寄ってくるのです。「連絡船の女」のように年上の人ばかりでしたが・・。
Commented by reiko_06sp at 2006-09-22 19:36
私は修学旅行の生徒さんの憧れのお姉さんをやってました^^ 遠い昔ですけどね。学校の先生も夜は飲んだくれたり、花町に出かけたりと修学旅行の本文を間違ってる人がいました。私がお姉さんになりたての頃と引退の頃だけでも、かなり便利に早く目的地へ到着できるようになっていました。いまどきは海外に行くようで、国内の都道府県も覚えられないのに、海外か・・なんてヘソマガリなこと考えたりしますけどね(笑)
Commented by antsuan at 2006-09-22 19:43
ぅわー、今度そのお話をたっぷりと聞かせて下さい。私もファンレターを書いた口です。(^^)/
Commented by mitsuki at 2006-09-22 21:08 x
私の修学旅行の思い出といえばホテルの厨房からガメて来た調理酒を皆で呑んだ事とか、そんなんですね。
修学旅行じゃなくて、修悪旅行でした。
Commented by cazorla at 2006-09-23 08:34
私はセイロンベンケイさんより若いですが 新幹線ではなく 船の旅でした。 同級生で船に乗るとけっこうどきどき楽しかったです。
時刻表にらみながらの旅がやっぱり好きです。
Commented by realutopia at 2006-09-23 10:07
同じ300km/hでも自分で運転するとまったく違う世界が(笑。リニアモーターカーですとオーバー500ですが、実用化の日が来るのでしょうか。
Commented by saheizi-inokori at 2006-09-23 13:42
antsuanさん、拙文を引いてくださり恐縮です。
言い古された言葉ですが旅とは出会い(そういえば人生そのものもそうなのだしその意味では毎日が旅なのだと思いますが)だと思います。私は新しい出会いを求めて又出かけたくなるのです。
修学旅行はまさに出会いの総集編みたいで普段見慣れている友人の知らなかった一面を見たり、同じものを見てもこうも見方が違うのかとあきれたり、、でした。
Commented by antsuan at 2006-09-23 22:46
・mitsukiさんは旅館でなくホテルでしたか。学校の先生も夜中街に繰り出して結構羽目を外していたのではないでしょうか。バスガイドを泣かせたりしてこちらも醜悪旅行でしたね。
Commented by antsuan at 2006-09-23 22:47
・母も船旅だったようです、横浜から神戸まで。日中戦争が始まる頃の事です。「遠くへ行きたい」のぶらり一人旅は危険が一杯という感じが今でもしてしまいます。
Commented by antsuan at 2006-09-23 22:47
・リニアモーターカーで修学旅行ですか、その頃はバーチャル修学旅行になっていたりして (-.-;)
Commented by antsuan at 2006-09-23 22:48
・旅での出会いはいつも新鮮で心に残りますね。そう修学旅行でまさに知られざる友人の一面を見てしまいました。好い面悪い面の両方ですが。実は「『噂の真相』25年戦記」を読みまして、裏の面を知る事も大切だなぁと感じているところです。この事はそのうち書き込みしようと思っています。